米アップルが今秋発売する予定の新型「iPhone」の最上位モデルは、量産に関して技術的な問題を抱えており、場合によっては発売時期が年末までずれ込む可能性があると、アップルインサイダーなどの米メディアが報じている。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

新デザインに量産上の問題

 これは、米金融サービス会社、コーエン・アンド・カンパニーのアナリスト、ティモシー・アーキュリ氏が4月12日付で顧客に出した調査ノートで報告したもの。

 iPhoneの2017年モデルについては、現行モデルと同様、液晶ディスプレーを備え、画面サイズが4.7インチと5.5インチの2モデルが用意されると見られているが、新たにOLED(有機EL)ディスプレーを搭載し、画面サイズが5.8インチの新デザインモデルも登場するとの観測が出ている。

 このうち、5.8インチOLEDディスプレーモデルは、iPhone発売10周年の目玉となる最上位機種という位置付けで、その名称は「iPhone 8」「iPhone X」「iPhone Pro」「iPhone Edition」などと噂されている。

 そして、このモデルでは、物理的なホームボタンが廃止され、代わりに、現在ホームボタンが兼ね備えている指紋認証機能「Touch ID」が、ディスプレーの表面下に配置されると言われている。

 しかし、アーキュリ氏によると、iPhoneが現在採用している指紋認証技術をディスプレー下部に組み込むと、歩留まりが悪くなるのだという。

考えられる3つのシナリオ

 もしアップルがこの問題を解決できない場合、次の3つのシナリオが考えられるとアーキュリ氏は指摘している。

(1)最上位モデルには「Touch ID」を搭載せず、顔認証/虹彩認証機能のみを搭載する。しかしこれでは、セキュリティ上のリスクがあり、同社の決済サービス「Apple Pay」に問題が生じる恐れがあるという。

(2)先ごろ韓国サムスン電子が発表した新型スマートフォン「Galaxy S8」は、指紋センサーが本体背面に配置されているが、アップルもこれと同様に「Touch ID」を背面に移動する。ただ、この方法では使い勝手が悪くなり、最適な解決策とは言い難いと、アーキュリ氏は指摘している。

(3)最後のシナリオは、最上位モデルの生産開始時期を遅らせるというもの。ただ、この場合でもアップルは例年どおり、iPhoneの全モデルを9月に同時発表すると、アーキュリ氏は予測している。

 アーキュリ氏によると、アップルは毎年、新型iPhoneの生産を7月後半から8月に始める。もし歩留まり問題が解決せず、アップルが(3)のシナリオを選んだ場合、これが9月にずれ込む可能性があるという。

 これにより、最上位モデルは当初、極めて品薄になるか、年末まで顧客の手元に届かない恐れがあるとアーキュリ氏は予測している。

他のアナリストも同様の観測

 この通称iPhone 8については、今年4月上旬、米投資銀行、ドレクセル・ハミルトンのアナリスト、ブライアン・ホワイト氏も調査ノートで、出荷時期が他の液晶ディスプレー搭載モデルよりも遅れ、その期間が数週間になるとの予測を報告していた。

 米マックルーマーズによると、英金融大手バークレイズのアナリストも、iPhone 8に関し、同様の予測をしている。バークレイズは、「アップル初のOLEDディスプレー搭載iPhoneが発売されるのは今年9月だが、その在庫が十分に整うのは、10〜12月期の遅い時期になる」としている。

 マックルーマーズは、今回の話題について報じている記事の中で、アップルが歩留まり問題を抱えていることの根拠として、次期iPhoneの部品に関する画像などの情報がいまだ、アジアのサプライヤーから漏れていないことを挙げている。

 同記事によると、昨年9月に発売された「iPhone 7」シリーズは、その半年前の3月ごろから、本体ケース画像などの情報が漏れ始めたという。

筆者:小久保 重信