写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●キラキラ輝くメタルフレームのSIMフリースマホ
モトローラ・モビリティ・ジャパンは3月31日、SIMフリーのAndroidスマートフォン「Moto G5」および「Moto G5 Plus」の販売を開始しました。今回は、デュアルオートフォーカスピクセルを搭載する、5.2型ディスプレイの上位モデル「Moto G5 Plus」を使って、気軽に写真を撮りたい人たちに嬉しいカメラ機能をご紹介します。

○手をひねるだけでカメラが起動

Moto G5 Plusは、高さ150.2mm、幅74.0mm、厚さは7.7mm〜9.7mm、重量は155gです。女性の手にも握りやすいサイズで、あまり重さを感じません。キラキラと輝くメタルフレームが適度な摩擦になるため滑りにくく、自撮りの際にも落としにくい形状です。

バッテリーは3000mAhで、カメラやSNSを使っても2日に一度の充電で間に合います。さらに約15分の充電で最長6時間動かすことができます。OSはAndroid 7.0、2つのSIMを同時待受状態にできるデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)、指紋認証や撥水性能を持ちます。

さっそくカメラ機能をチェックしましょう。Moto G5 Plusのリアカメラ(メインカメラ)は1200万画素。F値は1.7と明るめのレンズが搭載されているので、暗所での撮影にも適しています。また、イメージセンサーを位相差AFセンサーとして動作させるデュアルピクセルオートフォーカスを搭載しています。一般的なカメラと比較するとオートフォーカスが約60%速くなっているそうです。

さらに、「Moto Action」により、手を2回ひねる(振る)だけでカメラが起動します。画面ロックが掛かったカメラでも、スマホを持って振るだけでカメラが起動するため、シャッターチャンスを逃しません。スマホを振る動作に慣れない人は、電源ボタンからも起動できます。「設定」の「ディスプレイ」にある「電源ボタンを2回押してカメラを起動」をオンにすると、本体横の電源ボタンからすぐカメラを起動できます。

○写真モードは「オートHDR」で失敗なし

リアカメラの作例を見ていきましょう。カメラの撮影モードは、「写真」「動画」「パノラマ」「スローモーション」「プロフェッショナルモード」が用意されています。「写真」モードでは、「オートHDR」を利用することができるため、被写体の明るさと暗さのバランスが、肉眼で見た状態に近い写真を撮ることができます。

カフェの少し暗い照明や逆光の場所でも、シャッターを押すだけで自然な色味の写真を撮影することができました。

●「プロフェッショナルモード」で露出調整
続いて、フォーカス、ホワイトバランス、ISO感度、露出を任意に設定できる「プロフェッショナルモード」を紹介します。「プロフェッショナルモード」にするには、カメラ画面でカメラボタンをタップし、撮影モードのなかから「プロフェッショナルモード」ボタンをタップ。「プロフェッショナルモード」選択後には、それぞれのメニューをタッチすると、扇形のバーが表示されるので、指でドラッグして選択します。画面のプレビューを見ながら、好みの加減を選びましょう。

○「パノラマ」モードは撮りたい長さに調節

Moto G5 Plusでは、パノラマ写真を上下、左右で撮影できます。「パノラマ」モードに設定したのち、シャッターを長押しして撮りたい方向にカメラを動かし、終了したいところでシャッターボタンをタップして止めます。早めに止めれば短い写真に、表示されるバーの最後までカメラを動かすと長い写真になります。

○フロントカメラではビューティモードで自撮りできる

続いて、フロントカメラ(インカメラ)をチェックしましょう。フロントカメラの画素数は500万画素。カメラを起動し、フロントカメラへ切り替えるボタンをタップすると、カメラが切り替わります。フロントカメラでは、リアカメラ同様「HDR」と「フラッシュ」を自動でかけられるほか、「ビューティモード」というセルフィー(自撮り)に嬉しい機能があります。85度の広角撮影ができるため、大人数でのセルフィーにも対応できます。

ビューティモードとは、肌のシミやしわを目立たなくする上に、白目や歯を白くしてくれる機能です。「自動」と「手動」を選ぶことができ、手動では美顔レベルを1から7まで設定できます。1はほぼ実際と変わらない程度で、7にするとほくろやシミがしっかり消えます。とはいえ、目の大きさや顔の輪郭は原形のままなので、不自然な印象はありません。

自撮りの際には、カメラ画面のシャッターボタンの押すのは難しいですよね。カメラ画面のセルフタイマーボタンを使うと目いっぱい手を伸ばして撮影できます。音量ボタンの下げる方を押してもシャッターを切れますよ。

○オートにおまかせすればOK! の嬉しいカメラ

今回様々な場所で撮影してみましたが、ほぼカメラにおまかせできる「写真」モードで良い写真が撮れました。スマホで気軽に撮影し、InstagramなどのSNSに投稿する目的であれば、「プロフェッショナルモード」を使う必要がないかもしれません。

Moto G5 Plusの販売価格は35,800円(税別)。カメラの起動が速く、撮影画面のカクつきもないため高コスパです。カメラの起動からオートフォーカスですぐシャッターを切れる素早さは、日常的に写真を撮りたい女子に向いています。

最後におすすめの設定をひとつ。屋外の日差しの強いところでは、カメラ画面が光に反射してよく見えないことがありました。「設定」の「ディスプレイ」で「明るさの自動調節」をオンにしておくと、周囲に合わせて画面の明るさが自動調節されます。Moto G5 Plusとともに、楽しいカメラライフを送れることを願っています。

(鈴木朋子)