写真提供:マイナビニュース

写真拡大

「ハリー・ポッター」シリーズ新作『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の続編に登場するダンブルドア校長の青年時代を、2度のアカデミー賞ノミネートを誇るイギリスの名優ジュード・ロウが演じることがわかった。原作者のJ・K・ローリングがオフィシャルサイト"ポッターモア"12日に突如発表し、世界中のファンたちが突然の吉報に騒然となっている。

ハリー・ポッターたちが学んだホグワーツ魔法学校の校長アルバス・ダンブルドアは、J・K・ローリングの「ハリー・ポッター」シリーズで世界中から最も愛されるキャラクターの一人。ジュード・ロウが演じるのは、ダンブルドアが魔法学校の校長として魔法使いの象徴のような存在になるより何十年も前に、変身術の魔法の先生として魔法学校で教えていた時代のダンブルドアだ。

続編では、マグルやノー・マジ(魔法が使えない普通の人間)よりも魔法使いのほうがすぐれているという思想を持った闇の魔法使いゲラート・グリンデルバルドがカリスマ的な力を持ち、魔法界に闇が広がっていた時代に、魔法動物学者の主人公ニュート・スキャマンダーとその仲間たちが自分たちの信念で立ち向かう物語が描かれることから、グリンデルバルト役での出演が決定しているジョニー・デップとの直接対決がみられるのではないかと憶測を呼んでいる。

『コールド・マウンテン』(2003)と『リプリー』(1999)でアカデミー賞にノミネートされ、『リプリー』ではBAFTA(英国アカデミー賞)助演男優賞を受賞しているジュード・ロウについて、「ハリポタ」&「ファンタビ」シリーズの監督を務める鬼才デイビッド・イェーツは、「ジュード・ロウは驚異的な才能を持つ役者で、役者としての彼にずっと憧れを抱いていました。彼とついに一緒に作品を作れることを大変楽しみに思っています。J・K・ローリングが明かす、これまでとは全く違う時代のダンブルドアの意外な面々をすべて素晴らしく演じてくれるだろうと思います」と期待を語った。

また、ワーナー・ブラザース本社のトビー・エメリッヒも「ジュード・ロウがファンタビのキャストとして参加してくれ、世界中で愛されているキャラクターを演じてくれることに大変ワクワクしています。ジュードは何年もわが社の映画に出演してくれた家族のような存在であり、彼とともに新しい冒険を始められることに興奮しています」とコメントしている。

世界中で約900億円の興行収入をたたき出し、日本でも73億円の大ヒットとなった『ファンタスティック・ビースト』の続編。脚本は、1作目に続き、「ハリポタ」シリーズの生みの親、J・K・ローリングが執筆。撮影は今夏開始される予定となっている。

(C)2016 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) JKR.