【詳細】他の写真はこちら

TM NETWORKの代表曲「GET WILD」の発売30周年を記念し、同曲のみ36バージョンを収録したアルバム『GET WILD SONG MAFIA』(4月5日発売)が、オリコン週間アルバムランキング(4月17日付)で4位を獲得した。オリジナル「Get Wild」(1987年4月8日発売)から、これまでTMが発表してきたライブバージョンやリアレンジバージョン、さらには数々のアーティストのリミックスやカバーも収録されている。

そして、今回のアルバム収録曲から、小室哲哉が手がけた最新リミックス「GET WILD 2017 TK REMIX」が、6月21日にアナログレコードでリリースされることが発表された。

小室自身はこの曲のリミックスについて「倒れるかと思ったけど。手抜きなしで仕上がりました」とコメント。

ファンの間でも好評の一曲がアナログ化されるということで、CDや配信とはまた違った音質で楽しめる作品となりそうだ。

さらに、このアナログ盤に電気グルーヴのメンバーでDJ / プロデューサーの石野卓球が手掛けた「GET WILD(Takkyu Ishino Latino Remix)」が収録されることが決定。

このリミックス音源は、『GET WILD SONG MAFIA』に収録されたバージョン“Takkyu Ishino Latino Acid Remix”と、どちらをアルバムに収録するか最後まで悩んだバージョンとのこと。

電気グルーヴは、1991年にリリースされたTM NETWORKのシングル「RHYTHM RED BEAT BLACK(Version 2.0)」カップリングに収録された同曲のカバー「RHYTHM RED BEAT BLACK(Version 300000000000)」でメジャーデビューしており、今回アナログレコードという形で26年ぶりに小室哲哉と石野卓球がそれぞれリミックスした楽曲がひとつの作品として発売されることとなった。

いよいよスタートした「GET WILD」30周年。今後の展開にも期待が高まる。

リリース情報



2017.04.05 ON SALE

ALBUM『GET WILD SONG MAFIA』

2017.04.12 ON SALE

12inch ANALOG「Get Wild」

※12インチ・アナログレコード(45RPM)

TM NETWORK OFFICIAL WEBSITE

http://avex.jp/tm/