お正月に“今年の目標”を打ち出した皆さま、4月に入りましたが着々とゴールに向かって進んでいるでしょうか? それとも今年も3日坊主で終わってしまった、あるいはとっくに忘れてしまった……なんてこともあるかもしれませんね。でも目指したい夢や目標があったら、着実に近づいていきたいものですよね。
そこで今回は、そんな夢や目標を必ず達成するために欠かせない5つの要素をご紹介したいと思います。成功している人たちはこの要素を持ち合わせ、生かしています。皆さんも自信をなくしそうになったとき、この5つのパワーを思い出してみてください!

1. Commitment(コミットメント)

日本語にしにくい言葉ですが、ここでは目指すべき自分のゴールをはっきりさせ、「迷わずに進んでいくこと」とします。“こうなりたい”という目標、そしてどうしてそう思うのか動機までも明確にし、目指すべきゴールがブレないようにしましょう。結果ばかりに囚われてはいけません。それにつながる途中のプロセスひとつひとつを大事にしてください。

2. Concentration(集中力)

人は誰でも高い集中力を持っているし、それを発揮することで大きな目標を達成することもできます。ただ多くの人が陥りがちなのが、そのなかで遭遇する問題やトラブルに心が凹み、ネガティブな思考パターンになってしまうということ。
どんなときも“私は必ずできる”と強く信じて、物事のポジティブな面に気持ちをフォーカスするようにしてみてください。楽観的で気持ちが前向きになると、不安も少なくなるので集中力を発揮しやすくなりますよ。

3. Communication(コミュニケーション)

何事もそうですが、自分ひとりで頑張るよりも、周囲の人に頼ったり、助けてもらったりするほうが目標達成にもぐっと近くなります。「○○がしたいんです!」という自分の思いをいろんな人に知ってもらい、力を貸してもらいましょう。
誰かに助けてもらうことは決して恥ずかしいことではありません。むしろ“チームワーク”を発揮することができたと考えてみてください。それに夢や目標に向かって頑張っている人に手を貸すのは、その人にとってもやりがいや充実感をもたらすことでしょう。もちろん無理強いはよくありませんが、多くの人は喜んで手を貸してくれるはずです。

4. Control(コントロール)

ここでいう“コントロール”とは自分の感情と上手に向き合い、暴走させないこと。これが案外難しいのではないでしょうか。なにか大きな失敗があると、すぐに諦めようとしたり自暴自棄になったり、あるいはなにかがきっかけでコンプレックスが生まれ、自分を卑下してしまったり……。途中で目標を投げ出さないためにも、パニックにならず気持ちを落ち着ける必要があります。そのためには……

・ 毎日のなかで“瞑想タイム”を設けて、自分の精神状態をよく観察してみる
・ その日に思ったこと・感じたこと・他人には言えないことを日記に書き出してみる
・ 自信や勇気を与えてくれる本をよく読んでおく
・ 嫌なことがあったときのストレス発散方法を見つけておく

こうした精神のコントロール能力は、とくに大きな夢や目標などを掲げていないときでも日常生活にとても役立ちます。もしこうした気持ちをコントロールすることが苦手だと感じている人は、あえて重点的にこのスキルを鍛えていく必要があるでしょう。

5. Confidence(自信)

“私は必ず達成できる”・“ゴールにたどり着ける”という強い信念には、もちろん根拠が必要です。そのために、毎日自分がその目標に向かってどれだけのことをしたのか・なにができたのか……ということを記録しておくとよいでしょう。最終的なゴールがどんなに遠くても、そんな日々の積み重ねを自分の目で確認できれば、大きな励みになるし“こんなにやってきたんだから”と背中を押すことができます。根拠に裏付けされた自信は、おごったりせず静かに自分を動かす原動力となります。ゴールにたどり着くまでの途中のプロセスも楽しむつもりで、目の前にあることに取り組んでいきましょう。

いかがですか? 仕事でもプライベートでも“こんなふうになりたい”という憧れやビジョンを持つことは大切です。そんな思いを達成するためにも、以上の5つの“C”を大事にしてみましょう!