キム・ゴウン、シン・ハギュンとの破局報じられた日の行動が話題に

写真拡大

俳優キム・ゴウンがシン・ハギュンと別れた当日、父親とお酒を飲んだという。

12日に韓国で放送されたケーブルチャンネルEチャンネルのバラエティ番組「勇敢な記者たち3」では「完全に魅入られた人たち」をテーマに、俳優コン・ユとキム・ゴウンの熱愛説に対して話し合った。

この日、芸能部記者はドラマ「鬼」で呼吸を合わせた俳優キム・ゴウンとコン・ユの熱愛説に対して話し、熱愛説に火をつけたキム・ゴウンとシン・ハギュンの破局に対して言及した。

これにキム・ジョンミンは「シン・ハギュンとキム・ゴウンカップルの破局ニュースを残念に思うファンたちが多かった。二人が破局した理由があったのか」と聞き、記者は「二人は映画界のカップルということを超え、17歳という年の差で注目を浴びてきた。二人が交際の事実を公開したのが、恋愛を始めた頃だった。好きな気持ちよりは、負担が大きかっただろう」と伝えた。

特に記者は「破局ニュースが報じられた当日、所属事務所に二人の近況を確認したが、シン・ハギュンは映画撮影中で、キム・ゴウンは父親とお酒を飲んでいたという」と話した。

続いてLady Janeは「二人は同じ所属事務所だろう。熱愛と破局に関する所属事務所の立場は?」と聞き、記者は「熱愛説が報じられた当時、写真が公開されたわけでもなかった。しかし超スピードで交際を認めた。所属事務所の代表は『交際しているのは事実だから、嘘をつくのがより問題になるだろう。率直に話すのが一番いい』と話した」と答えた。

シン・ハギュン&キム・ゴウンが破局…事務所が認める