男性のプライドをくすぐる、お礼メールの「タイミング」と「内容」 #なぜか人が集まるあの子の秘密

写真拡大

今回も、なぜか人が集まる魅力的な人をフィーチャーして、その生態について紐解いていきたい。社会人にもなれば、仕事上でもプライベートでも男性から食事をご馳走になる機会もあるかと思う。そんなとき、その場で「ごちそうさまです~」とかわいく言って済ませる人もいれば、さらに後日、メールやLINEでダメ押しのお礼メッセージまで送ってくる人もいる。ここまでできれば、「できる女性」だと思う。男としては、ご馳走しておきながら言うのもなんだが、心のどこかではそんな"できる女性"を求めているところがある。今回、さらにその上を行く魅力的な女性に遭遇したので紹介したい。
29歳 マネージメント会社PRかおりちゃん(仮名)の場合
かおりちゃんは、マネージメント会社のPRで働いている29歳。友人主催の交流パーティーで知り合い、感じもすごくよかったので、ご飯に誘ってみた。年上の私としては当然だが、美味しいご飯とお酒と楽しい会話を楽しませてもらったかおりちゃんに気持ちよくご馳走させてもらった。かおりちゃんは、「ご馳走になって、本当にいいんですか?」と少し困惑した表情をしたものの、最後は笑顔で「ご馳走様です」と言ってくれた。正直、合コン百戦錬磨の私としては、東京にいるこの世代の女子、通称「ご馳走され慣れ女子」は、想定内だったので、彼女の言葉に一喜一憂することはなかった。だが、その翌日に状況は一変した。ランチタイムに彼女から

「昨日はご馳走様でした。TETUYAさんといると時間が経つのが本当に早く感じました。あやうく終電逃しそうでした。また、よろしくお願いします。」

というLINEが送られてきたのだ。
観察結果「タイミングと内容」
かおりちゃんは、「できる女性」のさらに上をいく、「できすぎ女性」だった。それは、お礼LINEを送るタイミングと内容に理由がある。まずは、タイミング。正直、朝一で送られてきたLINEだとバタバタでちゃんと返すことができない。一方でランチタイムは、午前の仕事を終えてホッと癒されたいひと時であり、かつ前日に別れてから音沙汰がないという寂しさを感じ始める時間帯である。そんな絶好のタイミングに差し掛かってのLINEだったので、嬉しさが倍増した。次に、内容。「時間が短く感じたという」男のプライドをくすぐる例え表現は完璧だった。この術中にはまってはいけないと思うほど、ハマってしまう私だった。今後ご飯をご馳走になる機会があったときには、「タイミング」と「内容」には、ぜひ気を配ってほしい。

(イラスト・たなかみさき)

>>【なぜか人が集まるあの子の秘密】をもっと読む
・印象に残る、ポジティブな気持ちの伝え方
・チャンスをモノにするためにできること
・相手と意見が食い違ってしまったら、どうする?