写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アイリスオーヤマは4月13日、Wi-Fi機能と人感センサーを標準装備したルームエアコン「Wi-Fi・人感搭載シリーズ」を発表した。スマートフォンで外出先からも操作可能なエアコンにもかかわらず、推定市場価格(税別)は6畳向けの「IRW-2217C」で79,800円、10畳用の「IRW-2817C」で99,800円と、IoTエアコンとしてはリーズナブルだ。

アイリスオーヤマといえば、ちょっと便利な「なるほど機能」を搭載した製品が特徴。たとえば、2016年に発売した炊飯器は、ヒーター部を分離しIH調理器としても使えるなどの工夫をしている。そんな同社が今年から大型家電に参入。大型家電初の製品となるのが今回の「Wi-Fi・人感搭載シリーズ」をはじめとしたエアコンだ。

最大のポイントは、リーズナブルながらWi-Fi機能を標準搭載していること。他社メーカーもWi-Fi機能を搭載したエアコンは発売しているが、多くの場合はWi-Fiユニットが別売で、「外出先からエアコンを操作したい」という一定のニーズはあるものの、なかなかリモート機能が普及しないという事情があった。一方、今回発表された製品は、Wi-Fi機能を本体に内蔵。Wi-Fiユニットなしでスマートフォンからリモート操作ができる。

もうひとつのポイントはシンプルな機能。Wi-Fi機能搭載モデルというと、どうしてもハイスペック機をイメージするが、本製品はエアコンとしてスタンダートな機能のみを搭載。そのぶん、Wi-Fi機能を搭載しながらも価格は10万円以内に抑えている。「エアコンの機能は最低限でいいけれど、外出先から操作したい」というユーザー層をターゲットにしているようだ。

○外出先から

スマートフォンでエアコンを操作するには、専用アプリ「Net Home Plus(ネットホームプラス)」を使用する。アプリでは電源のオンオフ、温度設定の変更、スケジュール機能などを操作可能。外出時に切り忘れたエアコンを職場から切ったり、帰宅前にあらかじめ部屋の温度を整えることも可能だ。

エアコンがある部屋の温度も表示。このため、子供やペットが留守番中でも、自宅の状況を確認して熱中病などの対策ができる。

○付属リモコンにはない、専用アプリだけの機能も

本製品にはシンプルなリモコンも付属。ただし、専用アプリのほうが機能が多く操作性は良い。たとえば、リモコンではタイマーは1時間単位でしか設定できないが、専用アプリでは分単位で時間を指定したり、特定の曜日だけタイマーを設定する、といった複雑な使い方ができる。

基本的にはシンプルな機能のエアコンだが、ちょっと変わった機能として「睡眠モード」も搭載している。これは、1時間ごとに設定温度を変更するように、あらかじめ設定できるモード。夏ならば、寝る前の起きる前は涼しい快適な室温に調整し、熟睡しているであろう時間は設定温度を少し上げるなど、睡眠時の冷えすぎを防ぐことができる。

○スタンダートモデルも発売

Wi-Fi機能や人感センサーを搭載しない「スタンダードシリーズ」も発表。こちらも6畳用と10畳用の2種類を用意している。推定市場価格は、6畳用の「IRR-2217C」が69,800円、10畳用の「IRR-2817C」が89,800円だ。

(倉本春)