写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ASUS JAPANは4月13日、AR(拡張現実)とVR(仮想現実)の両方に対応したSIMフリースマートフォン「ZenFone AR」を発表した。ZenFoneシリーズ史上最高のスペックを搭載するとアピールする。メモリとストレージ容量の異なる2モデルが用意されており、RAM 8GB/ ROM 128GBモデルが99,800円(税別、以下同)、RAM 6GB/ ROM 64GBモデルが82,800円。発売時期は2017年夏になる見込み。

○ZenFone ARでは何ができるの?

ZenFone ARは、GoogleのAR技術「Tango」とVR技術「Daydream」の両方に対応したAndroidスマートフォン。海外では2017年1月に米ラスベガスで開催された「CES 2017」で発表された製品となる。

現実の世界とバーチャルな空間を結びつけるTangoでは、背面に3つのカメラによる「ASUS TriCamシステム」を搭載した。高解像度の2,300万画素カメラ、モーショントラッキングカメラ、赤外線プロジェクター搭載の深度カメラにより、人間の目のように周りの環境を認識できるのが特徴だ。

発表会およびデモ会場では、ZenFone ARで実現できるさまざまなサービスが紹介された。Tangoでは床、壁、物体までの距離を短い時間で計測できる。このためソファやテーブル、ポスター、ピアノなどを部屋に配置した場合に、どのように見えるかを気軽にかつ正確にシミュレーションできる。

従来のARで必要だった専用のマーカーは不要。また従来のARではバーチャルな物体の前に現実の物体を配置できなかったが、Tangoではオクルージョン機能もサポート。そうした不自然さも解消している。デモで紹介されたのはARアプリ「RoomCo AR」(リビングスタイル製)。何の物体をどのように配置したか、という情報はクラウドに保存できる仕様で、「壁にぶつかるので、これ以上家具を後ろに下げられない」といったことも把握できる。

また、カメラをかざすだけで知りたい場所の長さも計測できる。床から天井までの高さなど、手が届かない、メジャーでは測りにくい場所も簡単に計測可能だ。このほか3Dモデリングにも対応している。発表会では、ZenFone ARで作成した乗用車の3Dモデルが紹介された。

不動産業界、家具・インテリアショップなどでも活用が期待できる本端末。発表会に登壇したASUS JAPAN プロダクトマネージメント部の阿部直人氏は、近い将来の話として「博物館で利用すれば展示内容の解説や順路の表示が行える。スーパーなどの店舗では、商品の棚まで案内できる。このほか、恐竜の大きさをARで体感するといった使い方で、子どもの教育にも利用できるのではないか」と意欲的に語っていた。

発表会では、Tangoの深度認識に着目した奥行・高さを活用できるARゲームもいくつか紹介された。そのひとつ、ドミノ倒しをモチーフにしたゲームは、高い位置から落下するドミノを作成できるものだった。今後はこのような、従来のARでは実現できなかったユニークなゲームも増えていくことも予想される。

なおVR技術Daydreamにも対応する本端末では、もちろんVRのゲームも楽しめる。実際、VR向けに開発されたゲームタイトルも、いくつかプリインストールされる見込みだ。

○ZenFone ARの基本スペック

それでは、ZenFone ARのその他の特徴とスペック詳細を紹介していきたい。5.7型ワイドSuper AMOLEDディスプレイ(2,560×1,440ドット、WQHD)を採用し、AR / VRのリアルな世界観を楽しめるという。また、Gorilla Glass 4採用により、日々の衝撃や傷に備える。

高負荷の処理が必要となるARやVRをストレスなく楽しめるよう、CPUにはTangoに最適化されたというQualcomm Snapdragon 821(クアッドコアCPU)プロセッサーを搭載した。RAM 8GB/ ROM 128GBモデル、RAM 6GB/ ROM 64GBモデルともに、カラーはブラックのみとなる。

高い没入感でAR / VRをよりリアルに楽しめるように、サウンド面ではハイレゾに対応。ハイレゾ対応イヤホン「ZenEar」も標準で同梱される。2つの電話番号から同時に通話やSMSの待ち受けが可能なデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)、および高速通信が可能なキャリアアグリゲーションもサポート。

バッテリー容量は3,300mAhで、Quick Charge 3.0により約39分で約60%までバッテリーを急速充電できる。サイズは約158.98(H)×77.7(W)×4.6〜8.95(D)mm、重さは約170g。USBポートはUSB Type-C、SIMカードスロットはnano SIMカードスロット×2となっている。

発表会に登壇したASUS JAPAN マーケティング部のCynthia Teng氏は「ワンランク上の贅沢をお届けしたい。ZenFone ARではTango、Daydreamに対応するなど、ハードウェアの進化だけでは実現できない要素が盛り込まれている。デジタル新時代の未来を切り開く革命児として、可能性を作り出していける製品にしていきたい」と意気込みを語った。

アプリ開発者やサービス事業者などさまざまなパートナーとの連携も視野に入れており、セミナーの開催といった取り組みも積極的に進めていく考えだ。

(近藤謙太郎)