米フロリダ州で、森林火災によって焼かれたビッグ・サイプレス国立保護区(2017年4月12日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】米フロリダ(Florida)州のリック・スコット(Rick Scott)知事は11日、州内の100か所以上で森林火災が発生し、広範囲に延焼していることから、非常事態宣言を出した。

 スコット知事は、「火災への対応と備えを確実に整えておくため、本日、私はフロリダ州の非常事態を宣言する」と述べた。

 州森林局によると、火災は州内105か所で発生し、うち23か所で40ヘクタール以上に燃え広がっているという。

 今回の一連の森林火災でこれまでに8000ヘクタール以上が燃えており、今年に入ってからの総延焼面積は、約2万8000ヘクタールに達している。

 今年1〜3月の森林火災による延焼面積は、前年同期に比べて2.5倍となっている。天気予報によると、同州では今後数か月にわたって、例年よりも高温と乾燥が見込まれており、さらなる森林火災の発生が懸念されている。
【翻訳編集】AFPBB News