12日、中国金融信息網によると、中国で投資した日本企業は2万社を超えていることが中国北京市で開かれたフォーラムで示された。写真は上海市。

写真拡大

2017年4月12日、中国金融信息網によると、中国で投資した日本企業は2万社を超えていることが中国北京市で開かれたフォーラムで示された。

11日の同フォーラムに出席した中国国際貿易促進委員会(CCPIT)の張偉(ジャン・ウェイ)副会長が紹介したもので、張氏は両国が国交正常化45周年を迎えることに触れた上で「双方の努力のもと、両国の経済協力は飛躍的な発展を遂げた」と指摘。日中は互いに大切な貿易パートナーで、日本にとって中国は重要な海外市場になったとの認識を示した。また、日本に関しては「創造大国、製造強国」と評価し、知的生産、省エネなどの分野で「協力の余地は広い」としている。

中国税関当局のまとめによると、ピーク時には年3400億ドル(約37兆円)を突破した日中の貿易額だが、最近は2700億ドル(約29兆4000億円)前後となっている。(翻訳・編集/野谷)