松嶋菜々子がディオール・ヘリテージへ初潜入!

写真拡大

4月15日(土)、16日(日)の二夜連続で放送される土曜プレミアム「山崎豊子ドラマスペシャル 女の勲章」(土曜夜9:00-11:25、日曜夜9:00-11:24、フジテレビ系)の放送を目前に控え、15日(土)朝10時45分から「山崎豊子原作ドラマ『女の勲章』今年一番の傑作すべて見せます直前SP」が放送される。

「女の勲章」はハリー杉山がドラマデビューを果たすことでも話題に!

主演の松嶋菜々子は海外ロケでパリを訪問、原作にも登場する重要なシーンである現地での様子に密着している。

ドラマの合間を縫って松嶋が訪れたのは、パリにあるディオールのオートクチュールアトリエと、今年新設されたばかりの“ディオール・ヘリテージ”。

ブランド創立者であるクリスチャン・ディオールが初めて世に送り出したデザイン画をはじめ、あらゆる衣装、装飾品、貴重な資料など、70年に及ぶ歴史の品物が保存、展示されている。

この建物に日本のテレビカメラが入るのはこれが初めて。松嶋は責任者の案内で、美しくも歴史ある展示物を見て回り、今も世界中に驚きと感動を与え続けるディオールの哲学を感じ取る。

パリは松嶋にとっても思い入れがある土地のようで、「20代前半の初めての一人旅がパリ。それからもお仕事などでご縁があって年に1度、多いときは年3度のこともありましたね。

最初にプライベートで行った時にかなり街歩きをしたので、だいたい地図が頭の中に入っています。変わった場所もあれば変わらない場所もあって、パリの歴史を見てきた感じがします」と話す。

松嶋と共にパリの街やディオールの歴史を知ることで、二夜連続スペシャルドラマをより一層楽しむことができそうだ。