仕事やプライベートに関わらず、他人と円滑な関係を築く上で欠かせないものとなるのが社交性です。社交性が全てとまでは言えませんが、仕事でもプライベートでも充実している方は、大抵社交性が高いものです。社交性が高いことで協力関係や交友関係も構築しやすくなりますし、仕事やプライベートが充実するのも納得の話だといえるでしょう。

仕事やプライベートを充実させる上でも、今以上に社交性を高めたいというあなた。社交性を高めるために、是非とも実践してもらいたい3項目について紹介しますので参考にしてみてはいかがでしょうか。

1. 他人と積極的に交流する

まず社交性が高い方は、最初から社交性が高かったわけではなく、何度も他人と交流する機会を経て、失敗や成功を繰り返し、その結果社交性が高まるもの。身近な社交性が高いと思われる方に聞いてみればわかるかもしれませんが、彼らは常に他人とベストな関係を構築できているわけではありません。

何度も他人と交流を持ち、失敗や成功を繰り返す中で、自然と社交性の高さを身につけていったという経験を持つ方が多いです。確かにそもそも積極的に他人と交流しなければ、他人と何の関係も構築できないので、社交性うんぬん以前の問題ですよね。他人と交流する中で多くの失敗もあるかと思いますが、他人との交流を拒絶しているという方は、まず他人と積極的に交流を図っていくべきでしょう。

2. 挨拶は欠かさない

仲の良い友達と会う際に自然と挨拶を交わしますよね。実はこの挨拶、あるところでは最強のコミュニケーションツールとも言われており、円滑な人間関係を築く上で、絶対に欠かしてはならないものとされているようです。例えば友達が挨拶なしに無言でたずねてきたらどう思いますか?まず誰もが怒っている、不機嫌であると思ってしまうことでしょう。

更に仕事などで顔を合わせたのに関わらず、相手が挨拶をしてこなかったら、拒絶されているのかな、と思っても仕方ありませんよね。このように、挨拶をしないだけで、相手に何か敵対感のような感情をうえつけてしまうことが多々あります。仕事やプライベートに関わらず、絶対に他人への挨拶は欠かさないよう心がけておきたいものです。

3. 他人の話を聞き共通点を探る

わたしたちは自然と、自分と類似点のない人間は遠ざけがちです。性格も好みも価値観も全て異なる他人と積極的に交流したいかと問われたら、当然誰しも嫌だと答えることだと思います。類似点のない人間を遠ざけがちなわたしたちではありますが、逆に類似点が多い人間だと親近感が沸きますよね。

これを知っているからこそ社交性の高い方は、関係を築きたい相手に対して、会話から類似点を探ろうとします。仕事相手はもちろんのこと、異性に対してでもです。これを見習ってわたしたちは、交流を深めたいとする相手に対し、まず共通点を探ることからはじめるべきだと言えますよね。

社交性を高めるために実践してもらいたい3項目について紹介させてもらいましたが、紹介した項目の1つ目、他人と積極的に交流するという項目は特に意識しておいてもらいたい項目です。社交性の高さは他人との交流を経て、成功や失敗を繰り返すことで自然と身についていくものです。まず失敗を恐れずに他人と交流を図る、これが一番の社交性を上げる最重要ポイントではないでしょうか。


writer:サプリ編集部