写真提供:マイナビニュース

写真拡大

本田技研工業(ホンダ)の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは現地時間の12日、2017年ニューヨークオートショー((米国・ニューヨークで開催、一般公開は4月14〜23日)にて「クラリティ プラグイン ハイブリッド」「クラリティ エレクトリック」を世界初公開したと発表した。

「クラリティ プラグイン ハイブリッド」「クラリティ エレクトリック」は昨年3月に日本で発表された燃料電池自動車(FCV)「クラリティ フューエル セル」と共通のプラットフォームを使用するプラグインハイブリッド車(PHEV)と電気自動車(EV)。世界で初めて同一プラットフォームに3種類の電動パワートレインをそろえ、広く上質な室内空間を誇る5人乗りミドルサイズクラスセダンに新しい価値をもたらすとのこと。

「クラリティ プラグイン ハイブリッド」は17kWhのバッテリー(満充電は240ボルトで2.5時間)を搭載し、これまでのミドルサイズクラスのプラグインハイブリッド車で最長となる40マイル(約64km)以上のEV走行を可能とした。

高効率の1.5Lアトキンソンサイクルエンジンと組み合わせ、ガソリンと電気の総走行可能距離は330マイル(約531km)以上に。「ノーマル」「ECON」「スポーツ」の3種類の走行モードにより、燃費重視からレスポンス重視までモード選択ができるほか、バッテリー充電を優先する「HVモード」を3種類すべての走行モードと組み合せることが可能となった。2017年中に米国で販売を開始する。

「クラリティ エレクトリック」はEVならではのクリーンさと、セダンならではの上質で快適な広い室内空間の両方を満たしながら、購入しやすい価格で新しい価値を提供するモデルとして開発された。

25.5kWhのバッテリーを搭載し、走行可能距離は80マイル(約128km)以上。満充電にかかる時間は240ボルトで3時間強となり、急速充電器使用時は30分で80%の充電が可能となっている。プラグインハイブリッド車と同様、3種類の走行モードを搭載した。2017年中にカリフォルニア州・オレゴン州でリース販売を開始する予定となっている。

(木下健児)