Doctors Me(ドクターズミー)- もう甘いもので後悔しない!“ギルトフリースイーツ”で美味しくダイエット

写真拡大

ダイエットしたいけども、甘いものも食べたい…なんてお悩みを抱えている方も多いのでは。

最近では、ダイエット中でも食べられる「ギルトフリースイーツ」が注目を集めていますが、いったいどのようなスイーツなのでしょうか。

今回は栄養士の横川先生に、ギルトフリースイーツの概要、スイーツと健康の関係、簡単に作れる「ギルトフリースイーツレシピ」まで、詳しく解説していただきました。

甘いものと罪悪感に関する調査

スイーツを食べると罪悪感を感じる



スイーツ好きな若い女性を対象に行った調査によると、スイーツを食べた後に罪悪感を感じると答えた方が84%を占めていました。


しかし、罪悪感を感じながらも、甘いものを食べるのをやめられない、と答えた方は95%を占めており、ほとんどの女性が甘いものがやめられないということがわかります。

上記の結果から、ダイエットはしたいけども、甘いものを食べてしまう悩みを抱えている女性が多いと考えられます。

※解答者:20〜30代の女性500名
(出典元:ウーメディア ラボ Press Release)

ギルトフリースイーツとは


ギルトフリースイーツは、ギルト(guilt、罪悪感)、フリー(free、無い)という言葉が合わさった、罪悪感がなく食べられる意味合いが込められたスイーツを指します。

ギルトフリースイーツの特徴


・無添加
・低カロリー
・低脂肪(バター不使用)
・卵などの動物性たんぱく質や小麦粉、白砂糖などの炭水化物が少ない、または使わない

上記のような特徴を持つので、ダイエット中に嬉しいスイーツです。

ギルトフリースイーツの原材料


原材料には、日々の食事では不足しがちな良質なオイルが含まれているナッツ、食物繊維が豊富なドライフルーツなど、体に優しい自然由来の食材がメインに使われています。

「ヘルシー」「罪悪感ゼロ」と、スイーツを楽しみながら美容や健康も諦めたくない女性を中心に、ギルトフリースイーツが注目を集めています。

甘いものを食べる時に罪悪感を感じる理由


甘いものは糖質や脂質が多いものが多く、高カロリーな上に体に必要な栄養が入っていないため、美容や健康を維持する上で妨げになることを気にして罪悪感を抱く方が多くいると考えられます。

甘いものを食べた時の幸福感、健康に良い影響


「美味しい」と心から感じると、脳が「幸せになる食べ物がはいってきたぞ!」と認識し、脳から別名「幸せホルモン」と言われている「セロトニン」が分泌、体も喜び機能の活性化やストレスを和らげる働きがあります。

甘いものを食べた際の、気持ちの意識次第で体への影響も変わってくると考えられます。

カロリーに関する定義


糖質オフ


食品100g(飲料100ml)あたりの糖質が5.0g(2.5g)未満のものを指します。

その他、「低」「ひかえめ」「少」「ライト」「ダイエット」などが表示することが可能です。

脂質、脂肪ゼロ


食品100g(飲料100ml)あたりの脂質が0.5g未満のものを指します。

その他、「無」「ノン」「レス」など表示することが可能です。

カロリーオフ


食品100g(飲料100ml)当たり40kcal(20kcal)未満のものに表示することが可能です。

その他、「低」「ひかえめ」「少」「ライト」「ダイエット」が該当します。

カロリーゼロ、ノンカロリー


食品100g(飲料100ml)あたり5kcal未満のものを指します。

その他、「無」「レス」等に表示することが出来ます。

カロリーを抑えたスイーツが美味しくない理由


美味しい、美味しくないは個人的な感覚もありますが、カロリーを抑えたスイーツの多くには人工甘味料が使われています。

人工甘味料は独特の苦み、えぐ味も持ち合わされているため、普通の砂糖などの甘さと比べ、後味がすっきりしない、美味しくないと感じることが1つの原因としてあげられるでしょう。

ご自宅で出来るギルトフリースイーツレシピ


シンプルココナッツミルクとドライフルーツのギルトフリーアイス


■ 材料<3〜4人分>
・ココナッツミルク:1缶(2カップ)
・メープルシロップ:1/2カップ
・バニラエッセンス:小さじ1 
・お好きなドライフルーツ(ナッツでも可):1/2カップ
・自然塩:ひとつまみ

■ トッピング
・ミントの葉:お好みで

■ 作り方
下準備: ココナッツミルクの水分と脂肪分を分離させるため、缶の上下を逆にして一晩、冷蔵庫に入れておく

1:ココナッツミルクを、下を上にしたまま缶を開け、水分を取り除く
2:ボウルにココナッツミルクの白い部分(脂肪分)、メープルシロップ、自然塩を入れ、泡立て器でよくかき混ぜる
3:なめらかになったら、ドライフルーツ(ナッツ)を入れ、再度かき混ぜたら、保存容器に入れて3〜4時間ほど冷凍庫へ
4:固まったら食べる5〜10分前に取り出し、器に盛ってお好みでミントの葉をトッピングしたら出来上がり

■ ポイント
・下準備で缶を逆さまにせずに、一晩置くのと逆さまにしないのとでは分離される水分量が異なります

・ナッツを入れる場合は、包丁で軽く刻むか砕いておくと良いです

・お好みでラム酒、ココアパウダー、などを入れて楽しむのもおすすめです

最後に横川先生から一言


ギルトフリースイーツは普通のお菓子よりも精製された糖質や脂質が含まれず罪悪感は少ないですが、やはり、取りすぎは栄養バランスを崩す原因になるため禁物です。

3食のお食事を大切に適度に自然由来のスイーツを取り入れていくと良いでしょう。

ぜひスイーツも楽しみながら、美容や健康も維持していただければ幸いです。

(監修:栄養士 横川仁美)

【監修:栄養士 横川 仁美】
プロフィール)
食と健康・美容を繋ぐ「smile I you」代表。
中学生の頃、家族が体調を壊し、やりたい事ができない姿をみる。その中で毎日食べる食の知識を持つことで何かが変わるような気がし、栄養士を志す。管理栄養士を取得後、メタボリックシンドロームの人へ向けた保健指導を中心に、ダイエットサポート、電話相談、雑穀販売等のカウンセリング等を通して、のべ2000人の方に、食のアドバイスに携わる。目の前の人の「今」、そして「これから」を大切にした食の提案を目指している。