IU、4thフルアルバム「Palette」トラックリストを公開…タイトル曲にBIGBANGのG-DRAGONがフィーチャリング参加!

写真拡大 (全2枚)

歌手IU(アイユー) が、4thフルアルバム「Palette」のトラックリストを公開し、本格的なカムバック準備に突入した。

IUの所属事務所FAVEエンターテインメントは13日午後4時、IUの公式SNSなどを通じて4thフルアルバム「Palette」の全曲トラックリストをサプライズ公開した。

今回、IUのアルバムは先公開曲「夜の手紙」「愛がよく」を含めて計10曲で構成され、2013年にリリースした3rdフルアルバム「Modern Times」以来、約3年半ぶりにリリースするフルアルバムで、早くからファンたちの関心が高い。

IUの4thフルアルバム「Palette」は、ミュージシャンIUの感性で作られた10曲をベースに、音楽的な限界にとらわれない自身ならではの多様な個性とカラーを盛り込んだウェルメイドアルバムだ。IUは今回のアルバムにプロデューサーとして参加し、一曲一曲に長い時間をかけ念を入れてきた。

公開されたトラックリストによると、IUはフルアルバムでダブルタイトル曲を紹介する。

最初のタイトル曲は、アルバムと同名のタイトル曲である「Palette」で、IUが直接作詞・作曲を手掛けた自作曲だ。この曲はBIGBANGのG-DRAGONがフィーチャリング及びラップメイキングに参加し、歌謡界を揺るがす2人の“特急コラボレーション”を完成し、韓国と海外の音楽ファンたちの期待が爆発している。

2つ目のタイトル曲である「名前に」は、IUの代表ヒット曲たちの作詞を手掛けたキム・イナ作詞家とIUの最初の作詞協業で期待をアップさせている。また、この曲はIUの最も近い音楽的なパートナーとしてデビュー曲「迷子」から「春、恋、桜の花じゃなくて」などを一緒に作業してきたイ・ジョンフン作曲家が作曲を務めた。

この他にも映画音楽監督イ・ビョンウ、作曲家ソン・ソンジェ、ソヌ・ジョンア、バンドHYUKOH(ヒョゴ) のオ・ヒョク、サム・キムなど世代とジャンルを超える超豪華ミュージシャンたちが総出動し、“アベンジャーズレベルの呼吸”でIUの音楽的なスペクトルをさらに広げる計画だ。

IUは21日午後6時に4thフルアルバムを発表する。