地元でのホステス大会に意気込む有村智恵(撮影:秋田義和)

写真拡大

<KKT杯バンテリンレディスオープン 事前情報◇13日◇熊本空港カントリークラブ(6,452ヤード・パー72)>
熊本を襲った未曽有の震災から1年。有村智恵が生まれ故郷である熊本で行われる「KKT杯バンテリンレディスオープン」で活躍を誓った。
震災後、悲痛な表情でコース入りする有村智恵
主催が契約を結ぶ興和株式会社で、地元出身。昨年は熊本地震により中止となったこともあり、大いに燃える大会の開幕が明日に迫り、有村は「いよいよ来ましたね」と意気込む。中でも熊本地震は日本ツアーに復帰の大きな理由となった1つだけに、気合いが入らないわけがない。
だが、それこそが今大会のカギだと続ける。「地元でホステス。震災が無くても元々気持ちが入る大会だったのに今まで以上に、というところはあります。でも高まる気持ちを抑える方向でいきたい。ヒートアップせずに、自分のプレーに努めたいと思います」。一番避けたいのは気合いの空回りだ。
もう1つ気にしたいのが初日の成績。「今年は特に初日に出遅れるケースが多い。優勝争いに絡むためには、スタートである程度の位置にいないといけないですから」。出遅れる要因はまだきっちり整理できていないが、「今週は練習ラウンドから攻める意識を強く持ってやっています」と意識を改善して準備を進めている。
冷静さとアグレッシブさ。この2つを上手くコントロールすることが出来れば、愛してやまない熊本でカップを掲げる姿が見えてくる。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

最新ドレス姿も!オフショット見るなら女子プロ写真館!
日本ツアー復帰のイ・ボミ 66位で終わったメジャーも収穫アリ
青山加織が熊本県西原村に義援金100万円を寄付「やれることをやっていきたい」
1年前を忘れない復興祈念植樹、選手有志のじゃんけん大会も実施
人気女子プロ24 名の性格と今年の運気を勝手に診断ランキング【6回目 笠りつ子編】