熊本地震で甚大な被害を受けた益城町(2016年5月撮影)

写真拡大

【ハートネットTV】(Eテレ)2017年4月12日放送
「災害関連死160人超 なぜ...」

熊本地震から1年を迎える。自宅が被災した人の多くが、慣れない避難所生活や車中泊を余儀なくされた。

地震では無事だったが、その後の窮屈な暮らしのなかで体調を悪化させ、亡くなった人が番組調べで170人に上る。「震災関連死」はどう防げるか。

病院が被災して治療困難、転院の負担大きく

熊本県合志市に住む宮崎貴士・さくらさん夫妻は、震災後に当時4歳だった娘の花梨ちゃんを亡くした。最初の地震が起きた2016年4月14日、花梨ちゃんは心臓の持病の手術を終えて入院中だったが、体に大きな影響はなかった。ところが「本震」となった16日未明の揺れで病院の建物が大きな被害を受けた。患者の治療継続が不可能となり、全員の転院が決まった。

手術後に集中治療室にいた花梨ちゃんは、病院側が「搬送困難」とみていた。しかし選択肢は転院しかない。熊本県内は余震続きだったため、主治医は120キロ離れた福岡県の病院を選んだ。病状を考えるとヘリコプターは使えない。救急車に、治療に必要な機材を積み込んで移動した。

だがそのかいなく、花梨ちゃんは5日後に命を落とした。搬送時に肺に負荷がかかり、体調を悪化させたのだという。

53歳で亡くなった阿蘇市の村山利広さんも、震災関連死と認定された。統合失調症があり、農業を手伝いながら両親と暮らしていた。自宅は16日未明の地震で一部損壊となり、村山さん一家は3人で車中泊を始めた。避難所の暮らしは、利広さんにとって負担が大きすぎるとの両親の判断だった。だが、狭い車中のうえ余震が頻繁につづき、利広さんの精神状態が不安定になっていく。少しの物音でおびえるようになり、大声を上げることもあった。

それでも周囲は、村山さん一家の存在に気づかなかった。車中泊開始から5日目、両親は利広さんを精神科の病院へ入院させる。しかしそれから7日後、利広さんは死亡した。死因は「内因性心臓死」。地震のストレスが精神疾患を悪化させたとの診断だった。

体力ない人が環境の悪化で病気に

番組の調査で、熊本地震の震災関連死の特徴が見えた。詳細が公表されている人のなかで、亡くなったうちの89%が何かしらの既往症を抱え、しかも多くの人が車中泊を経験しており、周囲から孤立しやすい環境にあったという。

阪神・淡路大震災で、震災関連死の存在を初めて明らかにした医師の上田耕造氏によると、元気な人が震災関連死に至ることはなく、後期高齢者や持病を持っている人、障害者といった体力のない人が環境の悪化で病気になり、亡くなるケースが少なくないという。認知症の高齢者が避難所生活になじめず自宅に戻ったが、転倒して負傷、その後死に至った例もあった。

上田氏は、こう強調する。

上田氏「弱い人を発見して(いかに)フォローしていくかが大事」

被害が大きかった益城町にある「被災地障害者センター」の東俊裕事務局長は、支援が必要な人を孤立させないために、普段から地域のつながりを整備していく大切さを指摘した。日常的に社会の中で「緩やかな人間関係」を築く必要があるという。