今なお多くのファンから愛され続けるZARD

写真拡大

2007年にZARDのボーカル・坂井泉水が亡くなって今年で10年に。ファンが坂井への思いを届ける場として、逝去後は毎年坂井の命日となる5月27日に設置されてきた献花台が、今年も東京・大阪に設置されることが決定した。

【写真を見る】ZARD“伝説の25周年記念ライブ”を体中で感じる「フィルムライブ」は全国で追加上映中!

献花台が設けられるのは、坂井がレコーディングで通っていたゆかりの地である東京・六本木と大阪・北堀江。カラーやひまわりといった思い思いの花を手に、毎年数千人が献花に訪れており、ZARD/坂井泉水とその作品がいかに多くの人から愛されているかを感じることができる日でもある。

また、ZARDは現在、2月10日からスタートした初のフィルム・ライブ「ZARD Screen Harmony Live 〜25th Anniversary → Forever...!〜」の追加上映を全国で開催中。

J-POP初のパートワーク(分冊百科)となった隔週刊「ZARD CD&DVD COLLECTION 〜永遠のスタンダード・ナンバー〜」も創刊され、5月17日(水)にはロングヒットを続けているベストアルバム『ZARD Forever Best 〜25th Anniversary〜』の季節限定ジャケットバージョン“初夏”盤のリリースも決定。

美しい歌声を持つ坂井が遺した作品に励まされた人も全国に数多く存在するが、今なお聴き、歌い継がれているその“ZARD 永遠のスタンダード・ナンバー”が、これからも多くの人の元に届くことを願ってやまない。