FTISLAND、日本タワーレコード&アマゾンでチャートトップに…韓国代表ロックバンドの底力を証明

写真拡大

FTISLANDが日本の音楽チャートでトップに上がって根強い人気を見せつけた。

FTISLANDは12日、日本で発売した7thアルバム「UNITED SHADOWS」で、タワーレコード・ワールドセールスランキング、日本のアマゾン・アジアンポップベストセラーチャートでそれぞれトップになった。

それだけでなく、オリコン・アルバムデイリーチャートで2位、HMVとアジアアルバムチャートで3位を占めるなど、再度韓国代表ロックバンドの底力を見せた。

チェ・ジョンフンが作詞、作曲したタイトル曲「Shadows」は、FTISLANDのメンバーの変わらない結束力を扱った曲だ。FTISLANDは今回のアルバムでメインボーカルイ・ホンギの爆発的な声量とメンバーのリズミカルなサウンドを調和させ表現し、今年で韓国デビュー10周年を迎えるバンドらしい熟練を見せた。

「Shadows」のほか、全曲がメンバーの自作曲で構成されており、メンバー別に特色のある音楽を聴くことができる。

FTISLANDは、7月1日ソウルにある奨忠(チャンチュン) 体育館で開催される日韓ロックフェスティバル「2017日韓SUPER ROCK Great Meeting」に韓国代表バンドとして参加する予定だ。