THAAD配備に必要な物資を運ぶヘリコプター=(聯合ニュース)

写真拡大

【星州聯合ニュース】韓国軍当局が、米最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の配備に必要な物資と装備を南部・慶尚北道星州郡のゴルフ場に搬入したことが、13日確認された。

 韓国軍は11日から13日まで、ヘリコプター8〜12機ずつを使ってブルドーザー、掘削機、貯水タンクなどをゴルフ場に運んだ。
 特に、12日にはヘリコプター12機で終日物資を搬入し、THAAD配備のために地面を掘り返したり、土地をならす作業をしたりするための装備・機械などを運び込んだ。
 韓国軍の関係者は「新たな基地を建設するのに必要な装備と物資だ」とし、「物資の内容は保安上明かせない」と述べた。
 THAAD配備に必要な各種装備・機械・物資がゴルフ場に到着したことで、配備開始が差し迫っているのではないかとの予測も出ている。
 軍関係者は「北の核・ミサイルの脅威に備えるため、THAADを迅速に配備するとの立場だ」とし、「スケジュールは軍事機密なので答えられない」と述べた。
 一方で星州郡は、軍事保護区域の指定に必要な意見書をまもなく陸軍に提出する予定だとされる。
ynhrm@yna.co.kr