写真提供:マイナビニュース

写真拡大

iPhoneをカバンやポケットにしまう場合、意図せず画面を操作してしまわないよう、消灯した状態(スリープ)にしておきましょう。また、本体が傾いても自動的に画面が点灯しない設定にすることも可能です。

○触れてもOKな「スリープ」にしておこう

iPhoneをカバンやポケットにしまう場合、意図せず画面を操作してしまわないよう、消灯した状態(スリープ)にしておきましょう。スリープにするには、右側面にある「スリープボタン」を押します。

また、通常iPhoneは本体が傾くと自動的に画面が点灯(スリープ解除)する設定になっています。これを避けたい場合は、「設定」アプリから自動的に点灯しない設定に変更が可能です。バッテリーを少しでも節約したい方にもおすすめです。

これで、持ち上げた時に自動でスリープ解除されない設定になりました。手動で解除するには、スリープボタンかホームボタンを押します。

(笠井美史乃)