「いま最もセクシーな男」高橋一生

写真拡大

 俳優の神木隆之介と高橋一生が13日、都内で行われた「『3月のライオン』“愛の後編”特別試写会」に登場。女性誌「anan」で大胆写真を披露し、「いま最もセクシーな男」として注目を浴びる高橋が、神木に色気の出し方の秘訣を伝授した。この日のイベントには、清原果耶、大友啓史監督も出席した。

 本作は、闘うことでしか生きられなかった孤独な天才プロ棋士・桐山零(神木)が、下町に住む三姉妹・川本あかり、ひなた、モモと出会うことで愛を知り、新たな決意を胸に棋士として、人として成長する姿を二部作で描いた感動エンターテインメント。

 高橋は零の担任教師・林田高志を演じているが、今回が同作のプロモーション活動初参加となった。満を持しての登場に多くの観客・報道陣がかけつけて会場は大盛況で、高橋があいさつをはじめると客席から黄色い歓声が飛んだ。そんな中、高橋はイベントが始まる前にキャスト3人で観客のお出迎えをしたことに触れ、「かなり近い距離で(ファンの)反応を見させていただいて。お化け屋敷のお化けってこんな感じなのかな? と思いました」と笑いつつ、「みなさんがこの映画を楽しみにしていることを肌で感じました」と嬉しそうに感想を語った。

 その後、高橋が人生&役者の先輩ということで人生相談を受けることになると、神木は「色気ってどうやって出すんですか?」と質問。高橋が「色気は意識しないことですよ」とサラリと答えると、大友監督は「達人の意見だ!」と目を丸くし、神木は「意識しないで出るってすごいですね……」と感嘆の声を漏らした。

 続けて「どうやったらそんなに素敵に生きられるんですか?」という質問を神木が投げかけると、高橋は「褒め合うようで何なんですけど、神木さんはそのままでいいと思います」とキッパリ。撮影中の神木は居ずまいがすでに零だったそうで、「ちゃんとその役になり、その場にいられるだけでも稀有なことだと思うので、そのままでいいと思います。僕からは何も言うことはありません」と最上級の賛辞を送って、神木を喜ばせていた。(取材/錦怜那)

『3月のライオン 前編』は全国公開中 『3月のライオン 後編』は4月22日より全国公開