<首位の極右ルペンに対し、3位は急浮上した極左のメランション。フランスの有権者はなぜ今になって共産主義者を支持し始めたのか>

第1回投票まで2週間を切ったフランスの大統領選は、とにかく波乱続きだ。

一時は最有力候補と目されたフランソワ・フィヨン元首相はスキャンダルに巻き込まれ、かたや数年前までほぼ無名だった中道派で親EUのエマニュエル・マクロン前経財相が注目候補に躍り出た。最近の世論調査でリードするのは、つい先日も第2次大戦中にパリで行われたユダヤ人一斉検挙についてフランスに国家としての責任はないと発言して物議を醸した、極右政治家のマリーヌ・ルペンだ。決選投票に進出するのはマクロンとルペンというのが大方の予想だったが、土壇場で2人を猛追する候補者が現れた──ジャンリュック・メランション(65)だ。

メランションは「社会主義の真の体現者」とか「フランスにおける共産主義の最後の巨頭」と見られていると、チェコのプラハに拠点を置くシンクタンクEUROPEUM研究所のマーティン・ミシュロは言う。

左翼党を率いるメランションを支持するのは、現状に不満を抱える労働者階級だ。そのなかでも、カリスマ性のない与党・社会党の候補ブノワ・アモン前国民教育相に投票する気がなく、左派政党に対して怒り心頭でもルペンだけは当選させたくないという有権者のハートを、メランションはがっちり掴んだ。

今になって熱狂的ファンが増えた理由の1つは、全ての候補者が参加した初のテレビ討論会で、彼がカリスマ的な演説を披露して脚光を浴びたからだとミシュロはみている。ルペンに向かって公然と「この場にいるべきではない、国民の恐怖を無駄に煽っている、既存の組織に所属する汚職政治家だ」などと批判したことを、多くのフランス人がよくぞ言ってくれたと好意的に受け止めた。

憧れはロシア、NATOは脱退

メランションは既存秩序が嫌いだ。メディアに対しても批判的で、有権者に語りかける手段として自作のYouTube動画を好んで使う。公約ではフランスの政治組織の改革に重点を置いている。ミシュロによると、メランションは反米・社会主義政権を率いたベネズエラのウゴ・チャベス前政権や共産主義キューバのカストロ兄弟の長年の支持者。しかもヨーロッパに軍事同盟(NATO)が存在する目的は、憧れのロシアと戦争するためだと信じている。

メランションはユーロ懐疑派なので、市場では「フレグジット(フランスのEU離脱)」を懸念する声もあるが、彼が目指しているのはEU離脱ではなく、労働者がはっきりとした恩恵を受けられる制度に改めることだと、カーネギー・ヨーロッパのピエール・ヴァモンは言う。ただしメランションが大統領になれば、フランスはNATOから脱退する。有権者には不人気な政策だ、「いま人々が拍手喝采でメランションを支持しているのは、選挙戦で彼がよくやっていると思ったからだ」

エミリー・タムキン