12日、昨今の北朝鮮情勢を受け日本外務省が韓国への渡航注意情報を出したことなどについて、韓国・SBSテレビは、日本政府が朝鮮半島の緊迫した状況を「楽しんでいるようだ」と伝えた。資料写真。

写真拡大

2017年4月12日、昨今の北朝鮮情勢を受け日本外務省が韓国への渡航注意情報を出したことなどについて、一部韓国メディアは「日本が朝鮮半島危機説をあおっている」と報じている。このうちSBSテレビは、「やや厳しく言えば」と前置きした上で、日本政府が朝鮮半島の緊迫した状況を「楽しんでいるようだ」とし、「日本が危機感を増幅させている理由」について報じた。

11日、海上自衛隊が、朝鮮半島近海に派遣される米原子力空母カールビンソンとの共同訓練を検討していることが分かった。また外務省は同日、韓国に滞在・渡航する人に対して最新の情報に注意するよう促す海外安全情報を出した。これについて菅義偉官房長官は12日午前の記者会見で「ただちに邦人の安全に影響が出る状況ではない」としながらも、政府として「いかなる事態にも対応できるよう万全の態勢を取っている」として、朝鮮半島有事の際の在留邦人の保護について説明した。

こうして「日本政府が朝鮮半島危機説を増幅させている」理由について、SBSは「安倍晋三政権の右傾化戦略と無関係ではないとみられる」としている。憲法改正と軍事力増強を目指す政権にとって、「有事」が後ろ盾になるとの指摘だ。また、今年に入り低下傾向にある支持率を再び引き上げるためにも、「朝鮮半島危機を最大限に活用することが有利」と政権が判断したものと、記事は伝えた。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「まったく日本は気に入らない」「南北統一したら、まず日本を痛めつけてやろう」「こっちの政権が交代したら…見てろよ」と、日本の動きに反発するコメントが多数寄せられている。

また、「日本人には必ず裏表がある」「朝鮮半島の戦争特需を狙ってるんだろう」「韓国が戦争をすれば日本経済は助かるしね」など日本の内心をうかがおうとするコメントや、「歴史は繰り返させないぞ」「あまり韓国のことに関心を持たないでほしいな。こっちはこっちでやるからさ」との意思表明もあった。(翻訳・編集/吉金)