写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京ディズニーリゾート(千葉県浦安市)で7月11日〜8月31日に開催される夏のプログラムの詳細が13日、発表された。東京ディズニーランドでは、日本のお祭りをディズニー流にアレンジした「ディズニー夏祭り」を開催するほか、夜のパレ―ド「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」に『アナと雪の女王』のフロートが初登場する。

今年の「ディズニー夏祭り」では、シンデレラ城前のキャッスル・フォアコートを含むプラザ全体が一体となって展開する新エンターテインメント・プログラム「燦水さんすい!サマービート」を公演。新しいコスチュームに身を包んだミッキーをはじめとするディズニーの仲間たちが、和楽器で夏祭り風にアレンジしたディズニーソングに乗せて、お祭りムードを盛り上げる。ゲストも、フロートから放出される水しぶきを浴びながら掛け声や手拍子で参加する。

また、プラザテラスには、縁日をイメージした装飾を施した屋台風のブースが登場。グッズやメニュー、デコレーションなども、和の要素を取り入れたデザインで夏祭りをさらに盛り上げる。

このほか、「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」がリニューアル。ディズニー映画『アナと雪の女王』のアナとエルサを乗せた氷の城のフロートが夜のパレードに初登場するほか、『シンデレラ』のフロートが生まれ変わる。また、2011年7月のリニューアル時に惜しまれつつも終了した『美女と野獣』のフロートも、LEDを採用し輝きを増し再登場するなど、新たに5台のフロートが加わる。

さらに、7月1日公開予定のディズニー映画最新作『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』の世界観が楽しめるスペシャルプログラムを、アドベンチャーランドで展開する。

なお、東京ディズニーシーでは今夏、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの世界をテーマとしたスペシャルイベント「ディズニー・パイレーツ・サマー」を初開催する。詳細は東京ディズニーシー、今年の夏は『パイレーツ・オブ・カリビアン』がテーマ参照。

(C)Disney ※写真はすべてイメージ