トランプ米大統領が進めている、米国とメキシコの国境を隔てる壁の建設計画。これを受けて、米国税関・国境警備局が国境の壁の設計案を公募したところ、米国・メキシコ両国の技術者の合同チームが大胆なプランを提出した。それは、国境沿いに東西両岸を結ぶ超高速列車のネットワークを建設する、というものだ。「タイム」、「デイリー・メール」などが報じている。

提案の概要

提案の名称は「オトラ・ネイション(Otra Nation)」(otraはスペイン語で「別の、ほかの」の意味)。不法越境者を阻止する「トランプの壁」とは異なり、総延長1900キロメートルに及ぶ国境沿いの土地を「米国とメキシコの両国民が自由に行き来できる領土」に設定する。この領土に、高架チューブの中を超高速で走行する列車「ハイパーループ」のネットワークを敷設。さらに、9万平方キロメートルのソーラーパネルも設置して約800万ギガワット時(GWh)を発電し、この列車網と近隣の地域に電力を供給する計画だ。

技術者チームの試算によると、交通網を除く建設費は約150億ドルで、国土安全保障省の内部報告で見積もられた216億ドルよりも安い。ただし、ハイパーループ網の建設費は、インフラの更新費も含め向こう10年で1兆ドル超になる見込みという。

ハイパーループとは

オトラ・ネイション計画の柱となるハイパーループは、テスラ・モーターズやスペースXを創業したイーロン・マスク氏が推進している次世代交通システムだ。自動運転カプセルが高架チューブのなかの真空と磁石の強力な力で引き寄せられて移動し、移動スピードは最高で時速約1220キロに達するという(ニューズウィーク日本版の記事)。

Nhypee0413.jpg

イーロン・マスクの構想

交通網の予想図には、東岸のメキシコ領内のマタモロスと西岸の米領内サンディエゴを結ぶ本線に加え、米南部のダラスとメキシコの首都メキシコシティを結ぶ路線など、国境を越えて南北に走る複数の支線も描かれている。

otranation_map02-4000.jpg
技術者チームは、今回の提案を3月20日に両国政府へ提出した。米国税関・国境警備局は今後、応募された提案を検討し、国境の壁のプロトタイプを建設するために契約する10社を6月に発表する予定だ。

高森郁哉