シュライカー大阪の“最強指揮官”木暮賢一郎監督のマネジメント術「3年あれば結果を出せる」(後編)

写真拡大

「本気でリーグ1位になるために出した答えは、守備の練習をしないこと」

 就任から2シーズンで「理想と現実」を味わったシュライカー大阪の木暮賢一郎監督は、Fリーグの「歴史を変える」プロジェクトの3年目に、大胆不敵な結論を導き出した。

 そして、レギュラーシーズン1位を経て、プレーオフでシーズン優勝という目的を達成する。「3年あれば結果を出せる」。木暮監督には確固たる自信と、明確な根拠があった。

 果たして、“最強指揮官”はクラブをどのようにマネジメントしてきたのか──。

インタビュー・写真=本田好伸

■常に相手コートにボールがあれば負けない

──「理想と現実」を味わった2年を踏まえ、リーグ1位から逆算した3年目はどのようにアプローチしたのですか?
木暮賢一郎 ピヴォにチアゴを獲得しましたが、オフェンスは継続していくイメージです。そして何よりも、確固たる自信を持って、本当に「リーグ1位」になることしか考えていない入り方をしました。2年間のプレーオフの経験や勝負にこだわるクラブのアイデンティティが確立されてきていましたから、このプロジェクトの集大成として、もうリーグ1位しかないぞと。そこでまず一番に変えたのが守備のところです。

──守備? それは意外ですね。
木暮賢一郎 これは、守備の練習をしなくてもいい方法を考えた、ということです。2年間で貯まったデータがあり、それでリーグの傾向や相性、ライバルチームなどが見えました。そして、本気でリーグ1位になるには、どのようなフットサルをして、勝ち点をどれくらい取るべきなのか。これは毎年、計算していますが、3年目は限りなく吟味しました。それで行き着いたのが「守備の練習をしない」ということでした。もちろん少しくらいはやりますが、守備の練習に時間を割かないために定めたコンセプトが、「常に相手コートにボールがあれば負けない」というものでした。

──それはすごく大胆なコンセプトですね(笑)
木暮賢一郎 今のFリーグで確実に1位になるには、名古屋以外に全勝するくらいの勝ち点が必要です。レギュラーシーズンの33試合のうち、名古屋との直接対決は3試合だけなので、残りの30試合でどれだけ勝ち点を取れるか。もちろん、現実的に30勝は難しいですが、限りなくそれに近い数字を出した上で名古屋と争わないと、リーグ1位は難しい。コロッと負けたり、引き分けたりするチームでは到底そこには届かないので、どんな状況でも必ず勝ち続けられるチームを本気で作りにいく。それで、どんなに苦しくても勝ち切るチームは何だろうと想像した時に出た答えがオフェンスでした。

──取られても、それ以上に取り返せるチームですね。
木暮賢一郎 守備の安定で勝ち点を取るのか、4点を取られても5点を取りに行けるのか。どちらが本当に勝ち点を積み上げられるのかを自分なりに考えた結果、勝ち切るだけのオフェンスがあれば、少なくとも名古屋以外には相当な勝ち点を取れるのではないかなと。これはある意味で、日本の弱点でもあります。相手がどれだけ守ったとしても、オフェンスのほうがそれを上回る。僕は引き分けすら許されないと思っていたので、そうなるともう、守備の練習をする時間はすごくもったいないんです。

──だからこそ、マンツーマンの守備に変更することにしたと。
木暮賢一郎 過去の2年間でマンツーマンを使っていなかったので、選手は抵抗もあったと思います。ですから、なぜマンツーマンをするのかということを説明するために、ミーティングにはかなりの時間を費やしました。優勝するためにはマンツーマンが必要だと、選手が納得して実戦できるかが大事でしたから。