写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京ディズニーリゾートでは7月11日〜 8月31日、東京ディズニーランドや東京ディズニーシー、ディズニーホテルなどの各施設で夏のプログラムが開催される。2つのパークでは、初めて『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの世界をテーマにした催しが多数行われる。

○TDSでは海賊たちのハーバーショーを

東京ディズニーシーでは、ディズニー映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの世界をテーマとしたスペシャルイベント「ディズニー・パイレーツ・サマー」を初めて開催する。

メディテレーニアンハーバーでは、キャプテン・ジャック・スパロウとキャプテン・バルボッサ率いる荒くれ者の海賊たちが繰り広げるショー「パイレーツ・サマーバトル "ゲット・ウェット!"」を公演。ポルト・パラディーゾを占拠したバルボッサ率いる海賊団と、バルボッサの宿敵ジャック・スパロウが登場するエンターテインメントプログラムだ。

海賊になるための修行や、迫力満点のブラックパール号争奪戦、大盛り上がりの大宴会など、ゲストと海賊たちが一体となって、大量の水を浴びてびしょ濡れになりながら清涼感あふれる海賊の世界を楽しめる。

また、ロストリバーデルタでは、海賊が集う酒場をイメージした「パイレーツ・キャンティーナ・フィエスタ」を展開するほか、海賊をモチーフにしたグッズやメニュー、デコレーション、アトモスフィア・エンターテインメントが登場するなど、東京ディズニーシーの随所で『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの世界を体験できる。

○ステラ・ルーのショーも開催

アメリカンウォーターフロントにあるドックサイドステージでは、ミッキーマウスとダッフィーが旅の途中で出会った新しいお友だち"ステラ・ルー"が登場する新しいグリーティングショー「ステップ・トゥ・シャイン」がスタートする。

ショーでは、ブロードウェイのステージに立つことを夢見てダンスの練習を重ねてきたステラ・ルーのために、ミッキーマウスとダッフィーがダンスショーを開催。ミニーマウス、シェリーメイ、ジェラトーニも一緒に、ステラ・ルーの夢を応援する。

また、ショーの途中には、ゲストがキャラクターたちと触れ合うことのできるシーンもあるという。

○ディズニーランドは今年もお祭り!

一方、東京ディズニーランドでは、日本のお祭りをディズニー流にアレンジした「ディズニー夏祭り」を開催する。

今回は、シンデレラ城前のキャッスル・フォアコートを含むプラザ全体が一体となって展開する新規エンターテイメント・プログラム「燦水(さんすい)! サマービート」を公演。新しいコスチュームに身を包んだミッキーマウスをはじめとするディズニーの仲間たちが、和楽器で夏祭り風にアレンジしたディズニーソングに乗せて、お祭りムードを盛り上げる。ゲストはフロートから放出される水しぶきを浴びながら、掛け声や手拍子で参加する。

また、プラザテラスには、縁日をイメージした装飾を施した屋台風のブース登場し、グッズやメニュー、デコレーションなども登場。和の要素を取り入れたデザインで夏祭りムードを盛り上げる。

○新エレパレに海賊のプログラムも

このほか、夜の定番のパレード「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」がリニューアルして行われる。

ディズニー映画『アナと雪の女王』のアナとエルサを乗せた氷の城のフロートが夜のパレードに初めて登場するほか、ディズニー映画『シンデレラ』のフロートもリニューアルを果たす。

また、2011年7月のリニューアル時に終了した映画『美女と野獣』のフロートも、LEDを採用し輝きを増し再登場。これらを含めた5台のフロートが新たに加わったラインアップとなる。

また、7月1日公開予定のディズニー映画最新作『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』の世界観を楽しめるスペシャルプログラムを東京ディズニーランドのアドベンチャーランドで展開する。期間中、「カリブの海賊」を体験したゲストを対象に配布される地図(地図)をもとに、『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』に登場する3つの"宝"を探す謎解きプログラム「パイレーツ・ミステリー」を実施。他にも多数の催しやフォトロケーション、スペシャルメニューなどを展開する予定だ。

(c)Disney