Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)

任天堂株式会社は、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)にバグを発見した場合の報酬として100ドル〜2万ドルの報奨金を用意している。

 

同社はこれまで、ユーザーが安全にゲームやサービスが楽しめるよう、バグを報告することで報奨金を得られるプラットフォーム「HackerOne」でNintendo 3DSのバグについての報告を募っていたが、今回、ニンテンドースイッチもその対象に含まれることになった。

 

対象は、システムの脆弱性についてで、ニンテンドースイッチに関しては「ユーザランドからの特権昇格」「カーネル乗っ取り」「ARM TrustZone乗っ取り」「ユーザランド乗っ取り」となっている。

 

脆弱性を報告したユーザーに対しては、当該脆弱性について最初に報告したユーザーに、情報の重要性と報告書の質に応じて報奨金が支払われる。支払いは、脆弱性の修正後4ヶ月以内となっている。

「HackerOne」

URL:https://hackerone.com/nintendo?view_policy=true

2017/04/13