「Tappiness」対応自販機のイメージ

LINE株式会社とキリンビバレッジバリューベンダー株式会社は13日、自動販売機にLINEをかざして購入するとポイントが貯まるサービス「Tappiness(タピネス)」を、4月13日から開始すると発表した。

 

本サービスは、ビーコン端末(Bluetooth接続)を搭載した自動販売機によって提供される自動販売機コミュニケーションサービス。LINEをかざして購入すると1本につき、1ドリンクポイントが付与され、15ドリンクポイントで特典チケットがもらえて、好きなドリンクと交換できる。この特典チケットはラインを通じてLINEの友だちへプレゼントすることもできる。

 

支払いは現金や電子マネー、LINEのおサイフサービス「LINE Pay」などに対応する。

 

まずは首都圏・近畿圏に設置され、17年夏移行は首都圏・近畿圏以外の全国主要都市部でも順次展開。サービス開始から1年間で20000台の対応を見込む。

 

発表資料

URL:https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2017/1719

2017/04/13