以前にお伝えしたように、2016年3月に日本で発表されたFCVの「CLARITY FUEL CELL(クラリティ フューエル セル)」には、プラグインハイブリッドの「CLARITY PLUG-IN HYBRID(クラリティ プラグイン ハイブリッド)」、ピュアEV(バッテリーEV)の「CLARITY ELECTRIC(クラリティ エレクトリック)」が控えていて、FCV、PHEV、EVの3タイプを同じプラットフォームでまかなう世界初のモデルになります。

4月12日、13日のプレスデー(4月14日から23日まで一般公開)から開幕したニューヨーク国際自動車ショーで、PHEVの「クラリティ プラグイン ハイブリッド」とEVの「クラリティ エレクトリック」が世界初公開されました。

17kWhのバッテリーを搭載する「クラリティ プラグイン ハイブリッド」は、従来のミドルサイズクラスのPHEVで最長となる40マイル(約64km)以上のEV走行が可能。

バッテリーの満充電に要する時間は240ボルトで2.5時間。高効率の1.5Lアトキンソンサイクルエンジンとの組み合わせにより、ガソリンと電気を足した後続可能距離は330マイル(約531km)以上となっています。

「ノーマル・ECON・スポーツ」の3種類の走行モードにより、燃費からレスポンス重視までユーザーの好みに合ったモード選択ができます。さらに、バッテリーの充電を優先するHV(ハイブリッド)モードを搭載し、3種類すべての走行モードと組み合せることが可能。2017年中に米国で販売を開始するとしています。

もう1台の「クラリティ エレクトリック」は、通勤や買い物などの日常使いを想定。EVのクリーンなイメージと、セダンならではの上質で快適な広いキャビンを求める層向けに、手が届く価格で開発されたそうです(価格はまだ発表されていません)。

 

電力量25.5kWhのバッテリーを搭載し、走行可能距離は80マイル(約128km)以上。満充電に要する時間は240ボルトの場合で3時間強、急速充電器を使えば30分で80%の充電が可能だそう。「クラリティ プラグイン ハイブリッド」と同様に、3種類の走行モードが搭載されます。2017年中にカリフォルニア州・オレゴン州でリース販売を開始する予定です。

(塚田勝弘)

ホンダがニューヨークショーで「クラリティ プラグイン ハイブリッド」と「クラリティ エレクトリック」を世界初披露(http://clicccar.com/2017/04/13/462970/)