映画『美女と野獣』プレミアム吹替版上映会が4月12日に行われ、主人公ベルの吹替を担当する昆夏美、野獣役を担当する山崎育三郎をはじめ、岩崎宏美、村井國夫、吉原光夫、藤井隆、小倉久寛、島田歌穂が登場し、歌声とパフォーマンスを披露した。

 「ハリー・ポッター」シリーズでハーマイオニーを演じたエマ・ワトソンを主演に迎え、ディズニー・アニメーション「美女と野獣」をディズニー自身が完全実写化した本作。会場には『美女と野獣』のプレミアム吹替版をいち早く鑑賞できる観客500名が集まった。本編のエンドロールが終了すると、真っ赤なカーテンが開き『美女と野獣』に登場するお城のボールルームをイメージした煌びやかなステージが登場。光輝くシャンデリアの下、美しい歌声と共に登場したのは、ベル風の黄色いドレスに身を包んだベル役の昆夏美。それに応えるように野獣役の山崎育三郎が登場し、「美女と野獣」日本版デュエットソングを観客の前で披露した。

 続くメドレーでは、本作の悪役“ヴィラン”ガストン役の吉原光夫とガストンを崇拝するお調子者ル・フウ役の藤井隆が「強いぞガストン」、昆とベルの父・モーリス役村井國夫が「時は永遠に」、山崎がソロで「ひそかな夢」、プリュメット役の島田歌穂、ポット夫人役の岩崎宏美、コグスワース役の小倉久寛が「ひとりぼっちの晩餐会」を披露した。最後は「美女と野獣」を岩崎が歌い、キャスト全員が本編にも登場するダンスを披露。ステージ上には劇中でも重要な役割を持つ「バラの花びら」が舞い、映画の世界をそのまま抜き出したような幻想的で美しい光景に涙を流す観客も多く見られた。本格派キャストによる、まるでミュージカルを1本見ているかのように豪華なステージは華やかに幕を閉じた。

 ステージ終了後にはキャストから本作についてのコメントもあり、小さいころから『美女と野獣』の大ファンである昆は「アニメーションでは描かれていなかったところに新しい発見があったと思いますし、この実写版で初めて『美女と野獣』をご覧になった方は、その心温まるストーリーに感動されてこの実写版『美女と野獣』が大好きな作品になったかなと思います」とアピール。山崎は演じた野獣の声質をクライマックスにかけて王子にかえていった事を明かし、「野獣を愛おしく思ったのは初めてで、公開を待つ皆さんにも野獣のキャラクターに注目して頂きたいです」とコメント。本作は4月21日全国ロードショー。

◎公開情報
『美女と野獣』
2017年4月21日(金)全国ロードショー
ウォルト・ディズニー・ジャパン

◎イベント情報
【『美女と野獣』プレミアム吹替版上映会】
2017年4 月12 日(水) イイノホール
登壇ゲスト
昆夏美(ベル役)、山崎育三郎(野獣役)、岩崎宏美(ポット夫人役)、
村井國夫(モーリス役)、吉原光夫(ガストン役)、藤井隆(ル・フウ役)、
小倉久寛(コグスワース役)、島田歌穂(プリュメット役)
歌唱楽曲
1.「美女と野獣」日本版デュエットソング
2.「強いぞ、ガストン」
3.「時は永遠に」
4.「ひそかな夢」
5.「ひとりぼっちの晩餐会」
6.「美女と野獣」