(写真提供=日本コロムビア)

写真拡大

 村川梨衣が4月1日と2日に品川ステラボールで『1st RiELiVE〜梨の季節〜』を行なった。この公演は、彼女が掲げる「RiEMUSiC」を体現し、改めてそのオリジナリティを提示した一夜となった。

 村川梨衣の提唱する音楽ジャンル「RiEMUSiC」は、既定のジャンルでは括りようのないほど様々なクロスオーバーのうえに成り立っているが、その中でも特徴を挙げるとしたら、やはり「弦楽器」の存在だろう。村川の楽曲にとって弦楽器は欠かせないものとなっており、ロック・ポップスなど大半の楽曲でストリングスがフィーチャーされていることが多い。ステージが始まると、やはりそこにはバイオリン奏者として、Kalafinaなどのライブでもおなじみ森本安弘(Vn)が立っていた。ほかにも、バンマスの東タカゴー(Gt)をはじめ、柴田尚(Dr)、二村学(Ba)、野崎洋一(Key)と、7月2日に東京・科学技術館 サイエンスホールで行なった『RiEtion Session LIVE PARTY!! Vol.2』とは、柴田以外メンバーも入れ替わっており、ライブ冒頭からさらなる進化を予感させた。

 そんな編成を従えて、村川はメイド姿で登場すると「Anytime, Anywhere」と「Dreamy Lights」「Breath」と、アルバム『RiEMUSiC』からの楽曲を立て続けに披露。野崎が鍵盤を弾き倒す「Dreamy Lights」や、彼女のディスコグラフィーにおいても異質な曲構成の「Breath」を経て、村川も観客も徐々にテンションが上がっているのを見受けられた。そして「新曲を作ってきました!」と叫び、「レクイエム」を初パフォーマンス。ハードロック×アニソンの定番的ともいえる、ギターが歪みまくるアプローチや、サビへ向かうにつれ徐々にシンフォニックになる演奏とともに、凛々しい歌声を響かせた。

 その後、「MaGiK」に「夜明けの恋」とスロウな楽曲で聴かせる歌唱を見せたと思いきや、暗転直後には千葉県白井市のマスコットキャラクター「なし坊」と妹「かおり」が登場。舞台袖にはけた村川が両キャラクターの声を担当し、小ボケの多い奇妙な掛け合いで観客の笑いを誘う。歌っているときは凛々しくもキュートにも演じ分け、驚きの歌唱力を披露する村川だが、MCが始まるとキャラが一変。独特のテンションやファンとの掛け合いで客席を次から次へと沸かせる。この二面性がアーティスト活動を始めて以降より目立つようになった村川の魅力でもあり、ファンからは時折その差異の大きさに「村川梨衣さんとりえしょんは別人」と言われるほどだ。

 衣装チェンジを挟み、アイドル的なコスチュームに身を包んだ村川は、ユーロビート・トランス風のダンスポップ「Eternal」、スカコア的アプローチも目立つアッパーな「恋するパレード」、と、そんな二面性の中間を攻めるような楽曲を次々とパフォーマンス。再度歌謡曲調の「クリームソーダとエンドロール」、ノスタルジックな「戻れない旅」と大人っぽい一面ものぞかせる。

 最後は、シングル表題曲「ドキドキの風」と、彼女の“はじまり”の象徴である1stシングル表題曲「Sweet Sensation」でフロアをピンク一色にし、本編は終了した。アンコールは自身のラジオ番組『村川梨衣の a りえしょんぷり〜ず♡』(文化放送超!A&G+)のOPテーマであり、初めて作詞を担当したボサノヴァ歌謡「RiEtion please♡」で幕を開けると、ライブ初披露となった新曲「Tiny Tiny」は、これまでのどの楽曲よりもポップに開かれたメロディや展開をベースにしながら、時折クセになる仕掛けも施されており、彼女のネクストステージを明るく照らす楽曲だ。そしてこの日のハイライトは、ハート形の紙吹雪がフロアを覆ったラストの「Baby, My First Kiss」。hisakuniによる原曲はエレドラをはじめ、浮遊感のある音色を多用したエレポップだが、今回はバンド編成によるパフォーマンス。より力強さが増してライブ向きになったアレンジで、楽曲に新たな息吹を与えた。

 新曲「Tiny Tiny」にも表れていたが、「RiEMUSiC」の解釈はここにきてさらに拡張する一方だ。それは村川が作詞を手がけることや、数多くのキャラソンを歌ったり、新たな音楽を吸収することでより可能性が広がっていく。聴き手に驚きを与えてくれる彼女のアプローチは、これからもさらに多くの人とジャンルを巻き込んでいくだろう。(中村拓海)