食事の時のみならず、色々な拍子に出てしまう生理現象ゲップ。とりあえずゲップは汚いもの、人前で避けておきたいものというイメージで完結しており、ほとんど誰もゲップの正体については考えようとはしませんよね。しかしゲップの原因の裏には、体の不調や病気を知らせてくれるサインなどが潜んでいたりするので、あながちゲップも無視できないものなのです。ではゲップが出る原因としてはどのようなものがあるのでしょうか。

胃の中の空気やガスが排出されている

ゲップの正体はずばり空気やガスです。そもそもわたしたちの胃の中にはある程度の空気があらかじめ溜まっています。しかしこれが過剰になると、ゲップとなって体外に排出されるわけです。胃の中に空気やガスが溜まってしまう原因としては、むやみに空気を飲み込む行為や、食事、体の不調などです。それぞれ詳しく見ていきましょう。

空気を飲み込む行為でゲップが出る

一般的にわたしたちが正常な場合は、むやみに空気を飲み込むという行為は行いません。しかし呑気症(どんきしょう)という症状を発症すると、比較的空気を飲み込みやすいとされる食事の時などに関わらず、日常的に空気を飲み込むことがクセとなってしまいます。必要以上の空気を飲み込むことで胃の中の空気が用量過多となり、身体がゲップとして体外に排出しようとします。これが空気を飲み込むことでゲップが発生するメカニズムの1つです。ちなみに呑気症の主な原因はストレスとされています。

食事を摂るとゲップが出る

恐らく正常な方もこれが原因となってゲップが出ていることだと思います。わたしたちが食事を摂る際、どうしても多少なりの空気を飲み込んでしまいます。この空気が一定量以上たまるとゲップとして体外に排出されます。更に胃の中に入った食事は、消化の際にガスを発生させます。このガスも一定量が蓄積されれば、体外にゲップとして排出されます。食事後のゲップに臭いがあるのは、食事を消化する際に発生したガスであるからなのです。食事の際に多少なりのゲップが出てしまうのは、別に異常なことではありません。

体の不調でゲップが出る

ちなみに胃酸過多症といった、体の不調が原因でゲップが頻繁に出てしまうという方もおられます。胃酸過多となると、胃酸の異常な分泌に伴い、大量のガスが発生します。胃酸の異常な分泌が収まらない限り、ゲップも収まらないので、ゲップが出すぎて困っていると症状を訴える方も多くおられるようです。胃酸過多症の主な原因は、カフェインやアルコールなどの刺激物の大量摂取、ストレスといったものです。

上記で挙げた呑気症もストレスが発端で発生しやすいものなので、ストレスひとつでゲップが誘発されることもあるということです。食事の際にちょこっとゲップが出てしまうという程度の方であれば問題ありませんが、異常にゲップが発生してしまうという方は、呑気症や胃酸過多といった身体の異常を抱えている可能性が高いので、体調管理を見直すことや、病院を受診することを視野に入れておくことをおすすめします。


writer:サプリ編集部