超人気「個人向け国債」が優れている3つの理由

写真拡大

■年利0.05%でも抜群に優れている

今、個人向け国債が人気だといいます。なぜ、このようなことが起こっているのか。実際に、個人向け国債は優れた運用対象といえるのでしょうか。

結論から述べると、現在の個人向け国債は「安全にお金を運用したい人にとって、抜群に優れた運用商品」です。優れている点は3つあります。

まず1番目の長所は「元本と利息の支払いを国が保証し、銀行預金よりも安全だ」という点です。国債については、日本の財政赤字が大きいので大丈夫なのかと心配する向きがあります。

しかし、政府による借金の大半を占める長期国債の価値が暴落するような事態が起こった場合、日本政府の財政が破綻するよりも先に、銀行の経営が傾きます。銀行の預金は「1人、1行、1000万円」の範囲で預金保険によって保護されていますが、この限度を超える預金は、銀行が破綻した場合に全額返ってこない可能性があります。

ですから、1000万円を超えるような大きな額のお金を安全に運用したい場合に、第一に思い浮かべるべき選択肢は、個人向け国債になるのです。

2番目の長所は、「将来の金利上昇にも強い」という点です。

個人向け国債には、固定金利の3年満期型、5年満期型と、変動金利の10年満期型があります。筆者が特にオススメしたいのは、通称「変動10」こと、変動金利の10年満期型です。

個人向け国債は、いずれも1年分の金利を支払うと元本で償還できるので、1年以上保有すると元本割れしません。

また、変動金利タイプのものは、元本が値下がりしないことに加えて、将来長期金利(長期国債の流通利回り)が上昇した場合に、半年単位で設定される利率が長期金利の66%に連動します。現在、長期国債の利回りはマイナス0.1%程度なので、個人向け国債の利息は下限として設定されている0.05%にはりついていますが、長期金利が上昇した場合にはこれにある程度追随できます。他方、固定金利の長期国債の利息は、保有期間中の金利上昇にともない価格が大きく値下がりします。

3番目の長所は「年率0.05%の利回り(税引き前)」です。それほど高い利回りに感じないかもしれませんが、マイナス金利政策で他の預金や債券の利回りが大きく下がってしまったために、現在、相対的に魅力的な利回りといえます。

個人向け国債は、証券会社、銀行、ゆうちょ銀行などの金融機関で1万円から買えますが、1つだけ注意してほしいことがあります。それは、個人向け国債を窓口に買いに行くと、投資信託など、別の運用商品を勧められる可能性が大きいことです。

例えば、個人向け国債を100万円販売した場合、販売金融機関が得る手数料は5000円にすぎませんが、売れ筋の投資信託だと販売手数料が2万〜3万円入ることに加えて、残高がある限り年間1万円台後半の運用管理手数料を取ることができ、この半分近くを運用会社から受け取ることができます。

したがって売り手は、個人向け国債よりも、投資信託や保険商品(投資信託よりもさらに売り手が儲かる)を売りたがるのです。このような手数料水準で「買ってもいい」と思える商品は一つもないと筆者は断言します。

----------

山崎 元
経済評論家。楽天証券経済研究所客員研究員、1981年東京大学経済学部卒業後、三菱商事に入社。野村投信、住友生命など、12回の転職を経てマイベンチマーク設立、代表取締役に就任。
 

----------

(経済評論家 山崎 元 撮影=早川智哉)