野獣の城をイメージしたステージが組まれた

写真拡大

 ディズニーの名作アニメを実写化した「美女と野獣」の日本語吹き替え版上映会が4月12日に都内で行われ、日本語吹き替え版キャストの昆夏美(ベル役)、山崎育三郎(野獣役)、岩崎宏美(ポット夫人役)、村井國夫(モーリス役)、吉原光夫(ガストン役)、藤井隆(ル・フウ役)、小倉久寛(コグスワース役)、島田歌穂(プリュメット役)が勢ぞろいした。

 この日はベルと野獣がダンスする名シーンにちなみ、豪華なシャンデリアの下、ボールルームをイメージしたステージで、各キャストが映画に登場する名曲の数々を生披露。舞台やミュージカルの第一線で活躍する実力派の歌声とダンスが、映画の世界観を再現した。昆&山崎コンビによる主題歌「美女と野獣」はもちろん、吉原&藤井の「強いぞ、ガストン」、ミラーボールの輝きに乗せた「ひとりぼっちの晩餐(ばんさん)会」といったなじみ深い楽曲、さらに昆&村井の“父娘”がしっとり歌い上げる「時は永遠に」、山崎が野獣の願いを情感たっぷりに表現した「ひそかな夢」といった実写映画のための書き下ろし新曲もお披露目され、豪華な“一夜限りの宴”に駆けつけた500人のファンはうっとり聞き入っていた。

 主人公のベルと同じく黄色いドレスに身を包んだ昆は、「私も含めたファンの皆さんにとっては、アニメーションでは描かれていない部分に新しい発見がありますし、初めて『美女と野獣』をご覧になる方は、きっと心温まるストーリーに感動されるはず」とアピール。お気に入りのシーンは、ボールルームでのダンスシーンだといい「今日の会場のように、お城全体がベルと野獣の愛を祝福している美しいシーンに仕上がっている」と話していた。

 初の生歌唱となった「ひそかな夢」について、山崎は「初めて聞いたとき、こんな美しいメロディーがあるのかと感動しました。今日も心を込めて歌いました」と強い思い入れをコメント。無事にファンを前にしたパフォーマンスを終えて、「やっぱり、僕はお客様の前が好きだな。画面に向かってしゃべったり、歌ったりするのは難しい」とアフレコの苦労を振り返った。

 「美女と野獣」は4月21日から全国公開。