出産間近の妊婦さんがパートナーと情熱的なラテンダンスを踊りまくる! 画面からあふれる愛と幸せオーラがハンパない

写真拡大

アメリカ・ロサンゼルスを拠点に活動するスペイン生まれの女優でダンサー、ジェマ・マリン(Gemma Marin)さんは、現在第1子を妊娠中。2017年4月13日に出産を控えています。

予定日を間近に控えたジェマさんのお腹は、今にもはちきれんばかり! そんなジェマさんがYouTubeとInstagramに投稿し続けているのは、大きなお腹をもろともせず、軽やかにしなやかにラテンダンスを踊っている動画!

【踊りやすいラテンダンスをチョイス】

チョイスされている曲はおもに、サルサやメレンゲ。海外サイト「COSMOPOLITAN」のインタビューによると、ときどき恥骨に痛みを感じるものの、サルサなどのラテンダンスであれば無理なく踊ることができるのだそうです。

【幸せが伝わってきてほっこり♪】

体を動かすことが好きなジェマさんは、妊娠5カ月頃はジムでダンスしたりトレーニングに励んだりしていたのだそうで、話を聞いているこちら側が心配になってしまうほど超アクティブ。

「体調は大丈夫なのかしら……」とハラハラしてしまいますが、動画を見れば不安もどこへやら。プロボクサーであるパートナー、イスラエル・ダフ(Israel Duffus)さんと一緒に満面の笑みでダンスを楽しむジェマさんの姿は、それはそれは幸せそうです。

【ゆくゆくはスリーショットでダンスしてほしいっ】

自由にステップを踏んでいるように見えるけれど無理な動作はしないよう心がけているようですし、大好きなダンスをすることで気分転換にもなっているみたい。

生まれてくる子供は、女の子だそう。娘と一体となってダンスの楽しさを共有するとき、お腹を元気よく蹴るなど、活発に動くのだそうです。

陽気で容姿端麗なパパとママの元に生まれてくる赤ちゃんもきっと、両親のように美しく、そしてダンスが大好きな少女へと成長するのでしょうね♪

参照元:YouTube、Instagram @gemma_marin、COSMOPOLITAN
執筆=田端あんじ(c)Pouch

この記事の動画を見る