オージー・バイ・オリバー・ゴールドスミスの新作サングラス - 伊勢丹新宿では先行販売

写真拡大

アイウェアブランド・オリバー ゴールドスミス(OLIVER GOLDSMITH)の「オージー・バイ・オリバー・ゴールドスミス(OG×OLIVERGOLDSMITH)」から新作サングラスが登場。2017年6月末より、レショップ(L'ECHOPPE) 、グローブスペックス(GLOBE SPECS)、その他全国の取扱店にて発売される。なお、伊勢丹メンズ館では4月19日(水)より先行販売する。

「オージー・バイ・オリバー・ゴールドスミス」誕生から7回目となる今回のコレクションは「リコレクション ツー(Re.collection_2)」と銘打った。前回のデザインプロセス同様、制作にあたってイギリス・ロンドンのオリバー・ゴールドスミス本社倉庫にある500モデル、計5000本以上のアーカイブを徹底リサーチ。それらを解体、再構築することでコレクションを完成させた。アセテートとチタン製の計5型を提案する。

アセテートモデル

オールアセテートモデルには、クリングスをつけることで、デザインと掛け心地をアップデート。合わせて眼鏡全体のバランスに着目し、生地の厚みや削り込み、鼻にフィットするクリングスの位置などすべてのディテールに気を配り、より掛け心地の良いモデルに仕上げた。

なかでも「Re.GOPAS」は、癖の強いシェイプを解体、再構築することでアーカイブが持つ重厚な印象を残したまま、オリジナルパーツを使用することによりモダンな仕上がりに。定番ともいえる「Re.SHEPPERTON」もマイナーチェンジによって、ミニマルなデザインでアップデートされている。

チタン製モデル

メイドインジャパンにこだわったチタン製モデルでは、精密に削りだしたフレームに七宝をコーティングすることでサーモントのデザインを表現。さらに、過去にコンビネーションフレームで使用していたテンプルを、削りだしたフロントに合体させることで、より一体感のある掛け心地へと昇華している。

アーカイブのモデルをサイズダウンすることでナードな印象から知的な印象へと変貌させた「Re.RIPON」は注目モデルのひとつ。ごく薄いシートメタルを採用することで、掛けた時のストレスが最小限になるよう配慮されている。

詳細

OG×OLIVERGOLDSMITH
発売時期:2017年6月末
取り扱い:レショップ、グローブスペックス、その他全国の取扱店
■伊勢丹メンズ館 先行販売
発売日:4月19日(水)
会場:伊勢丹メンズ館8Fアイウェアコーナー
住所:東京都新宿区新宿3-14-1
問い合わせ:03-3225-2787

サングラス価格:
・Re.GOPAS 40,000円+税
カラー:ダークグリーン、グレー、ハバナ、クリアグレー、クリアブラウン、クリアグリーン
・Re.SHEPPERTON 40,000円+税
カラー:ダークグリーン、グレー、ハバナ、クリアグレー、クリアブラウン、クリアグリーン
・Re.RORY 40,000円+税
カラー:ダークグリーン、グレー、ハバナ、クリアグレー、クリアブラウン、クリアグリーン
・Re.RETRO Six 40,000円+税
カラー:マットブラック、ダークグリーン、ダークブラウン、シルバー、ライトゴールド
・Re.RIPON 40,000円+税
カラー:マットブラック、ダークグリーン、ダークブラウン、シルバー、ライトゴールド


[写真付きで読む]オージー・バイ・オリバー・ゴールドスミスの新作サングラス - 伊勢丹新宿では先行販売

外部サイト

  • イケア×スウェーデン発「ティオ・グルッペン」北欧のモダンで遊び心あふれる食器やカーテン
  • ミントデザインズ、文具メーカー・ハイタイドとのコラボステーショナリー - 福岡パルコでは限定ストア
  • 「ミキモト銀座4丁目本店」グランドオープン - “春の海の輝き”を銀座最高水準の約56mで表現