「推理の女王」チェ・ガンヒ、クォン・サンウの冷たい態度に“涙”

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
チェ・ガンヒがクォン・サンウの無視に結局涙を流した。

12日に韓国で放送されたKBS 2TV水木ドラマ「推理の女王」では、ギョンミ(キム・ヒョンスク) とお酒を飲むソルオク(チェ・ガンヒ) の姿が描かれた。

この日、ソルオクは酔った状態でギョンミに「あなたがいなかったら私はもうダメだった。私の話を聞いてくれる人はあなたしかいない」と愚痴をこぼした。

また、彼女は「私はただ助けてあげようとしただけなのに、おばさんには関係ないと、うちに帰ってご飯でも炊きなさいと言われた。でも私は料理もできない。結婚なんかしないで大学に行けばよかった。そうすれば私の話に少しは耳を傾けてくれたんじゃないかな。私は使いようがないの」とし、自身を無視したワンスン(クォン・サンウ) を恨んだ。

酔いが覚めたソルオクは「私は高卒で家事もできないおばさんだ。誰が誰を殺そうと関係ない。身の程をわきまえるよ」と誓った。