Apink チョン・ウンジ、本日(13日)放送「M COUNTDOWN」で新曲ステージを初披露

写真拡大

2ndミニアルバム「空間」を発表したApink チョン・ウンジが、タイトル曲「あなたという春」で、本格的なソロ活動を開始する。

チョン・ウンジは本日(13日) 午後6時、Mnet「M COUNTDOWN」に出演し2ndミニアルバムのタイトル曲「あなたという春」の番組ステージを初公開する。タイトル曲「あなたという春」は、花の香りが感じられる香ばしい季節の話を愛らしい歌詞で表現した点が印象的な曲で、春の気配に満ちた舞台を飾るものと期待が集まっている。

チョン・ウンジは、昨年4月にソロアルバム「Dream」を発表し、タイトル曲「空マワリ(Hopefully Sky)」でソロ女性歌手として注目に値する成績を収めた。初のソロデビュー曲でフォークソングを選び、華やかではないが穏やかな感動と癒しのメッセージを伝え、聞く人々に深い響きを与えた。

チョン・ウンジは、1年ぶりに2ndミニアルバム「空間」を発表し、再び癒しを呼び起こすフォークポップジャンルの「あなたという春」をタイトル曲に打ち出した。チョン・ウンジは、自身が一番好きな音楽で、自分だけの音楽の色を構築することに成功し、ガールズグループApinkではなく、ソロ歌手チョン・ウンジとしての地位を確実に築き上げた。

1年ぶりに帰ってきたソロアルバム「空間」で、音源チャートだけでなくアルバム市場でも目立つ存在感を見せ、カムバックステージに対するファンの期待が高まっている。