トヨタ自動車(以下トヨタ)がニューヨークオートショー17で、小型SUVベースの「TOYOTA FT-4X」をワールドプレミアしました。

米国のデザイン拠点「Calty(キャルティ)」が手がけたコンセプトモデルで、アウトドア派の都市部在住「ミレニアル世代」をターゲットに想定して企画。その斬新なエクステリアデザインはFJクルーザーを彷彿させます。

デザインテーマは 「Rugged Charm(頑丈で魅力的)」で、以下4つの要素が盛り込まれています。

Simplicity 複雑さを排除した目的にかなうシンプルさ
Capability 様々な用途に応える多彩な機能・性能
Durability 日常ユースでもアウトドアユースでも発揮される耐久性
Lineage ランドクルーザーなどトヨタの歴代SUVが備える伝統を継承

プラットフォームにはTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)を採用しており、4WDによるオフロードでの走る楽しさを備えています。

スリーサイズは、全長4,249mm、全幅1,821mm、全高1,623mm、ホイールベースが2,639mmと、FJクルーザーより一回りコンパクトで、国内でも扱いやすそう。

インテリアには屋外でも使える脱着可能なオーディオやルームライト、飲料用ボトルとして使えるドアハンドル、センターコンソールに収納して普段はアームレストとして機能する寝袋など、アウトドアシーンで役立つユニークな装備やデザインを数多く採用。

いつ、どんな場所からでもアウトドアに出かけて活躍できるクルマを目指したそうで、量産モデルの登場が大いに楽しみな一台です。

(Avanti Yasunori・画像:トヨタ自動車)

【関連リンク】

ニューヨーク国際自動車ショー
http://www.autoshowny.com/

【ニューヨークショー2017】トヨタが小型SUVベースのコンセプトモデルをワールドプレミア!(http://clicccar.com/2017/04/13/462896/)