今年発売の「iPhone8」、「iPhone7s」、「iPhone7s Plus」の3モデルとも、メモリ容量が3GBになり、高速充電に対応するとの予測が発表されています。

メモリは3モデルとも3GB

今秋のiPhoneは、5.8インチのOLED(有機EL)ディスプレイを搭載した「iPhone8」と、現行モデルの性能向上版となる4.7インチの「iPhone7s」、5.5インチの「iPhone7s Plus」の3モデルが発売されると見込まれています。
 
最近、「iPhone8」はディスプレイ内蔵の指紋センサーの歩留まり率が低いために発売時期が遅れる、との予測を発表したCowen and Companyのアナリスト、ティモシー・アーキュリー氏が、3モデルとも3GBのメモリを搭載する、とのレポートを発表しているとMacRumorsが報じています。
 
現行の5.5インチモデルiPhone7 Plusには3GBメモリが搭載されているので、この予測どおりなら、iPhone7のメモリが増量されることとなります。

「iPhone8」はバッテリーが大容量化

アーキュリー氏は、メモリ容量以外の特徴について、以下のように述べています。
 

ストレージ容量は「iPhone8」には64GBと256GBの2種類、「iPhone7s」「iPhone7s Plus」には現行モデルと同じ32GB、128GB、258GBの3種類が用意される

 

3モデルとも、Lightning端子のまま、USB Type C規格の高速給電に対応する

 

「iPhone8」は2つのバッテリーパックを搭載し大容量化、バッテリー持続時間が延びる

バッテリー大容量化は有名アナリストと同様の見解。一方、相反する情報も

「iPhone8」のバッテリー容量拡大については、Apple関係の情報の確かさで知られるKGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏が、基盤を高密度化し余裕の出たスペースにバッテリーが配置され、2,700mAhの容量が実現される、とアーキュリー氏と近い予測を発表しています。
 
一方、今回の予測と反する情報も発表されています。
 
TrendForceが2月に3GBのメモリを搭載するのは「iPhone8」と「iPhone7s Plus」のみで、「iPhone7s」には2GBメモリが搭載される、との予測を発表しているほか、Wall Street Journalは、iPhoneのLightningコネクターがUSB Type C端子に置き換えられる、と報じています。

 
 
Source:MacRumors
Photo:iFixit
(hato)