写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●個性派に美しい映像が得意な監督
今クールも連続ドラマが続々とスタートしている。従来のリアルタイム視聴率に加え、録画視聴率、SNSでの拡散数など、さまざま指標でドラマ作品が評価されるようになってきた中で、データニュース社が運営する視聴状況調査「テレビウォッチャー」では"満足度"を集計。この膨大なデータを日々分析する研究員が、脚本家や監督が過去に手掛けた作品の"満足度"に焦点を当てながら、注目の春ドラマを紹介していく。

●「テレビウォッチャー」満足度調査概要
・対象局:地上波(NHK総合、NHK Eテレ、日本テレビ、テレビ朝日、TBS、テレビ東京、フジテレビ)
・サンプル数:関東1都6県、男性1,200+女性1,200=計2,400 ※回収数は毎日変動
・サンプル年齢構成:「20〜34歳」「35〜49歳」「50〜79歳」各年代男女各400サンプル
・調査方法:毎日モニターにテレビ視聴に関するアンケートを同じアンケートモニターへ配信、データを回収するウェブ調査
・採点方法:最高点を「5」とし、「3.7」以上を高満足度に基準
○個性派・松山博昭監督が描く『人は見た目が100パーセント』

まず最注目作品は、フジテレビ系『人は見た目が100パーセント』(きょう13日スタート、毎週木曜22:00〜)。ラブコメで、女子力低めの主人公で、主演が桐谷美玲と来たら、既視感たっぷりの恋愛ドラマになりそうだが、主要キャストのブルゾンちえみだけでなく、監督の松山博昭氏もかなりの個性派なので、これまで見たことのない新しいラブコメに仕上がりそう。

松山監督の特徴は『ライアーゲーム』(07年、09年)、『鍵のかかった部屋』(12年)、『失恋ショコラティエ』(14年)など、カラフルな画面とド派手なBGMで作り上げる独創的な世界観。直近作『信長協奏曲』(15年)では、"月9"初の時代劇というチャレンジで、満足度3.89度の高数値を記録、昨年公開の映画版も大ヒットした。

また、今作のサード監督(通常テレビドラマは2〜3人が交代で監督を務める)には、『東京ラブストーリー』(91年)、『ロングバケーション』(96年)、『ラブジェネレーション』(97年)など、往年の大ヒットラブストーリーを手掛けた巨匠・永山耕三監督が控えていることにも注目。"個性派"と"巨匠"で、それぞれどんな演出の違いが見られるのかが楽しみだ。

そして脚本は、深津絵里主演の名作『恋ノチカラ』(02年)が代表作の相沢友子氏。この"木10"枠では、それ以来のラブコメ作品とあって、さらに期待が高まる。

○満足度的に"間違いない"のは『リバース』

藤原竜也主演のTBS系『リバース』(14日スタート、毎週金曜22:00〜)は、『夜行観覧車』(13年)、『Nのために』(14年)と同じ、湊かなえ原作×奥寺佐渡子脚本×塚原あゆ子監督のチームで制作。満足度は、『夜行観覧車』が3.94、『Nのために』が4.02といずれも高数値を獲得しており、特に『Nのために』は、ドラマ流のアレンジが原作以上の面白さだと評判だった。今作も、多くの視聴者を満足させてくれるに違いない。

また、それらが高満足度作品となった要因は、力のある原作と、それを巧みにまとめた脚本だったのはもちろん、塚原監督の功績によるものも大きい。昨年は『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』『重版出来!』『砂の塔〜知りすぎた隣人』(『重版出来!』以外はメイン演出)と話題作を次々担当し、満足度もそれぞれ3.88、3.93、3.87と高数値を軒並み獲得。スピーディで飽きさせない演出と、美しい映像が特徴の監督だ。

これまでは女性が主人公のドラマが多かったが、今作は男性が主人公であり、塚原監督がどう描くのかも楽しみだ。

●ラブコメにミステリーが強い脚本家
○ラブコメ鉄板・金子茂樹脚本の『ボク、運命の人です。』

昨年の『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)や、先の『人は見た目が100パーセント』など、最近流行中のラブコメジャンルで最も注目したい脚本家が、亀梨和也主演の日本テレビ系『ボク、運命の人です。』(15日スタート、毎週土曜22:00〜)の金子茂樹氏。14年の満足度ナンバー1作品『きょうは会社休みます。』(日テレ系、満足度4.07)のほか、昨年は『世界一難しい恋』(同局系)を手がけ、こちらも満足度3.94と高数値を記録した。金子脚本でラブコメは鉄板だ。

また、亀梨和也×山下智久というコンビから『野ブタ。をプロデュース』(05年)を連想させるが、恋愛運のない主人公に、神様が助け舟を出すというファンタジックなあらすじは、山下主演で金子脚本の月9『プロポーズ大作戦』(07年、フジ系)を彷彿(ほうふつ)とさせる。『プロポーズ大作戦』も、妖精が主人公をタイムスリップさせるという突飛な設定だったが、ドラマチックな感動作に仕上げていた。今作も突飛な設定をうまく生かした得意のラブコメを楽しませてくれそうだ。

○『貴族探偵』は新しい月9の扉を開くか

最後に取り上げるのは、"豪華キャスト"、"月9ドラマ30周年記念作"、"月9起死回生なるか"と、うたい文句ばかりが目立つ嵐・相葉雅紀主演のフジ系『貴族探偵』(17日スタート、毎週月曜21:00〜)だが、肝心の中身を担う脚本・監督も共に期待できる布陣となっている。

脚本の黒岩勉氏は、15年に同じチームで制作され、満足度3.88という高数値を記録した『ようこそ、わが家へ』や、昨年の年間ドラマ満足度が『逃げ恥』に次ぐ高数値だった『僕のヤバイ妻』(満足度4.04)などのミステリー作品で、高満足度作品を多く手掛ける注目の脚本家。

また、監督の中江功氏は先の『ようこそ、わが家へ』のほかにも、ミステリードラマの名作『眠れる森』(98年)や、大ヒットシリーズ『Dr.コトー診療所』(03年、06年)も手掛けた、丁寧な人間ドラマと映像美が特徴のヒットメーカーだ。今作は、中江監督の中では珍しい、人間ドラマ寄りではなく、濃い目のキャラが多く登場するキャラクタードラマに挑戦することになる。

恋愛ドラマの代名詞的な月9だが、テレビウォッチャーのデータが残る12年以降の同枠満足度トップ3は『信長協奏曲』(3.89)、『HERO(第2期)』(14年、3.89)、『ようこそ、わが家へ』(3.88)と、満足度が高いのは、実は恋愛モノではなかったのだ。実績のある制作陣と、相性のいい"非恋愛モノ"で、新しい月9の扉が開くことに期待したい。

(テレビウォッチャー)