<東建ホームメイトカップ 初日◇13日◇東建多度カントリークラブ・名古屋(7,081ヤード・パー71)>
三重県の東建多度カントリークラブ・名古屋にて行なわれている国内男子ツアー開幕戦「東建ホームメイトカップ」の第1ラウンド。午前組の全選手がハーフターンし、20歳の新鋭・星野陸也が5アンダーで単独首位を走っている。
“神スイング”稲村亜美さんと男子ツアーについて学ぼう!
前半を4アンダーで折り返した星野は後半2番から連続バーディを奪取。6番で初のボギーを叩いたものの、単独首位をキープする快走を見せている。
2打差2位タイにイム・ソンジェ(韓国)、上井邦裕、稲森佑貴、3打差5位タイに藤田寛之、トッド・シノット(オーストラリア)、平塚哲二らが続いている。
また、70歳の尾崎将司が後半1番時点で1バーディ・2ボギーの1オーバーでプレー中。この日をアンダーパーでフィニッシュすれば、2013年の「つるやオープンゴルフトーナメント」の初日以来となる自身2度目のエージシュート達成となる。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【独占インタビュー #1】突如現れた大器・星野陸也の歩んできた道
【独占インタビュー #2】星野陸也、石川遼との出会い
ジャンボ、エージシュートならず「いつまでたっても大人にならない、尾崎さん」
【国内開幕特別企画】稲村亜美が聞く!男子ゴルフ#2 男子プロはもっとSNSで発信してほしい!
マスターズでモデル別使用率1位を獲得した新M2ドライバー