「本当にこれがほしいの?」2歳の少女が選んだ人形を見て店員さんが質問すると…少女の受け答えが素晴らしいと話題に

写真拡大

アメリカ・サウスカロライナ州に住む2歳の女の子、ソフィア(Sophia)ちゃんは、トイレトレーニングを終えたばかり。1カ月ものあいだ頑張ってきた娘に対して、パパとママは「なにかご褒美を買ってあげる!」と約束しました。

ソフィアちゃんは、お医者さんごっこがだーい好き。大喜びで、白衣を着た女医さんの人形を選んだのだそうです。

ハプニングが起きたのは、その人形をレジへ持っていったときのこと。母親のブランディ・ブレンナーさんのfacebookによれば、レジカウンターにいた店員は、ソフィアちゃんに対してこんな不思議な質問を投げかけたというのです。

「あなたは、これから誕生日パーティーに行くの?」

意図がよくわからない問いかけに困惑したソフィアちゃんと両親に対して、店員は続けます。

「この人形は、お友達へのプレゼント?」

【店員の執拗な質問に困惑】

「トイレトレーニングが終了したから、そのプレゼントなのよ」ブランディさんがこう告げると、店員は明らかに困ったような表情を浮かべながら「あなた、本当にこの人形が欲しいの?」とソフィアちゃんに尋ねたのだそうです。

【差別ともとれる発言に対し少女はなんと答えたか?】

「そうよ、私はこの人形が欲しいの」と答えたソフィアちゃんに対し、店員は言いました。「だけどこのお人形はあなたに似ていないわ。あなたによく似た人形が、ほかにもたくさんあるわよ」

この発言は、おそらく、ソフィアちゃんの白い肌の色と、人形の肌色が違うことによるものでしょう。

店員の差別的な発言を聞いた瞬間、ブランディさんは憤りを感じ声をあげようとしたのだそうです。しかしそれを遮ったのは、ソフィアちゃんの無邪気な言葉でした。

「わたしもお医者さんだし、この子もお医者さん。わたしは可愛い女の子で、この子も可愛い女の子。この子の髪型も聴診器も、素敵でしょう?」

【ハッとされられた人がたくさんいたようです】

ソフィアちゃんのまっすぐな受け答えに対し、店員は「ええ、素敵ね」としか返せなかったのだとか。ブランディさんは「人は肌の色なんて気にせず生まれてくるものなのだと、改めて気づかされました。肌の色、髪の色、目の色。その違いすべてが、美しいのです」と語っています。

この体験とともにfacebookに投稿されていたのは、女医さんのお人形を抱えて満面の笑みを浮かべるソフィアちゃんの姿。自分の発言が23万件のシェアと43万件の「いいね!」を集めただなんて、きっと本人にとっては思いもよらないことなのでしょう。ソフィアちゃん、あなたはとっても素敵な女の子ね!

参照元:facebook
執筆=田端あんじ(c)Pouch

この記事をPouch[ポーチ]で読む