昆布でだしを取るとおいしいのはわかっているけれど、ちょっと面倒。ですが、水に昆布をつけておくだけで作れる昆布水ならとっても簡単! そのままだとちょっと海藻っぽい風味なので青汁に加えれば飲みやすくなります。温めれば上品なお出汁に。お味噌汁や煮物のような和食だけでなく、スープやラーメンなど幅広い料理に使えるのも魅力。料理の水代わりにどんどん使いましょう!

冷蔵庫に常備しておけば朝も夜も大活躍。

【基本の昆布水】

材料(1〜1.5L分)
・だし昆布 5〜10cm(20g程度)
・水 1〜1.5L

作り方

保冷ボトルに昆布を入れて水を注ぎ、冷蔵庫で3時間以上(できれば半日以上)置く。

※冷蔵で5日程度保存できる。夏場は早めに使い切る。

用意するものはこれだけ。

細かく切った昆布をペットボトルに入れてもOK。

step.1 まずは毎日の朝食で!カップスープや青汁を沸かした昆布水で溶く。

青汁&即席コーンスープに大変身!

step.2 夜食にも最適。インスタントヌードルも昆布水で作れば味がより深まります。

インスタントラーメンにも早変わり!

作り方

インスタントラーメンを作る水を【基本の昆布水】に変えて作る。
※出汁がきいているため、インスタントラーメンに添付のスープの素は1/2〜1/3程度にする。

Point.

使う昆布は「だし昆布」「だし用」と明記されているものを選ぶ。煮込み用は不向き。細かく切ったほうがより出汁が出やすい。



■賢人のまとめ
カルシウム、ヨード、鉄分などミネラルたっぷりの昆布。うま味成分のグルタミン酸がたっぷり含まれていることもよく知られていますね。【基本の昆布水】に、かつお出汁や鶏がらスープの素などうま味成分の異なる出汁を加えてダブルスープにするのもオススメ。うま味が強いと使う塩分を減らせるのも嬉しいですね。

■プロフィール

時短レシピの賢人 はまだふくこ

 

料理ユニット「エフ アッシュbis」主催。美味しいもの探求家。

フリーランスのライターとして、飲食、ホテル、旅などのカテゴリで積極的に取材・執筆も行い、その経験も活かしながら、カフェ風アレンジ、時短レシピ、ホームパーティーメニューなど幅広いレシピ提案を行っている。