スタジアムでは電光掲示板を使って情報が伝えられた【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

入場時のボディチェックや手荷物検査はどこか緩みが

 4月11日、UEFAチャンピオンズリーグ準々決勝1stレグでモナコをホームに迎えることになっていたドルトムント。だが試合会場に向かう際にチームバスが爆発事故にあい、試合は翌日に延期となった。10劼曚瀕イ譴疹貊蠅濃件が起きたと知らされたとき、スタジアムはどのような空気感だったのだろうか。(取材・文:本田千尋【ドルトムント】)

----------

 気の緩みがあったのかもしれない。チャンピオンズリーグ準々決勝1stレグのモナコ戦が行われる予定だった4月11日。ドルトムントのホームであるジグナル・イドゥナ・パルク近辺は、いつも通りと言えば、いつも通りだった。

 しかしたとえば、昨年11月にパリで行われたフランス代表戦でテロ事件があった直後に比べると、入場時のボディチェックや手荷物検査は、どこか緩んでいたことも事実である。

 もっとも事件そのものは、スタジアムから約10km程離れた“ホテル”の近辺で起こった。『ビルト』電子版がまとめた情報によれば、19時15分、監督、スタッフ、選手たちを載せたドルトムントの黒いチームバスがホテル『I’Arrivee』を出発。そして100m程進む。ヴィットブラウカー通りに入る。右折する。その直後に、3つの爆薬が爆発したのだ。

 バスの右後方の窓ガラスが割れる。粉々になったガラスが当たって、マルク・バルトラが腕を負傷した。最後尾の列に座っていたスペイン人DFは、病院に運び込まれて、手術を受けることになったのだという。また他には、車両の隊列で同行していたオートバイに乗った警官が1人負傷した。

 スタジアムにいる観客が事故を正確に知ったのは、20時頃のことだ。普段は試合前に選手紹介をするスタジアム・アナウンサーのノルベルト・ディケルが状況を説明した。

「親愛なるBVBの皆様、出発直後のチームバスに重大な事故がありました。現在ここスタジアムにはパニックの元となるようなものは全くありません。私たちは皆様に電光掲示板で常に最新の情報を与えていきます」

狐につままれたような感覚

 スタジアムが混乱に巻き込まれることはなかった。BVBの公式ツイッターが随時情報を発信していたこともあり、携帯電話の電波が繋がりにくいところはあったが、ファンは各々が情報収集に努めていただろう。憤懣やる方ないところはあっただろうが、平静を務めていた。

 20時30分にBVBが公式に試合の延期をツイートする。

「新しい試合の設定:4月12日18時45分開始。手元のチケットは有効」

 その頃、事故発生現場では、選手たちも現場を離れて家路に就いていた。『ビルト』電子版によれば、香川真司は20時36分に現場を去ったという。既にシャヒン、ベンダー、シュメルツァーは警官に先導されて現場を離れていた。香川と同時刻に現場を離れた選手は、他にビュルキ、ソクラティス、ギンター、プリシッチ、ヴァイデンフェラーがいる。

 20時41分にハンス・ヨハヒム・ヴァツケ社長が、改めて場内のファンに状況を説明した。そして本来であればCLの試合がキックオフするはずだった時間の20時45分には、スタジアムはほとんど空っぽとなる。その後、人気のなくなったスタジアムで、翌日の試合に向けて、モナコ・イレブンはトレーニングを行った。

 狐につままれたような。当日スタジアムに居合わせた人間は、少なからずそんな感覚を抱いたのではないだろうか。事故現場が遠いとは言え、もちろん重大な事件に巻き込まれている。しかし翌日の試合後のミックスゾーンで、配備された警官が携えたマシンガンが突きつけてきたようなテロの恐怖は、直接的には胸の奥底には突き刺さってこない。

 知らず知らずの内に、誰もが非日常に引きずり込まれていた。それはテロが日常と化した欧州で、知らず知らずの内に人々が心を緩めていたことが、引き起こしたことなのかもしれない。

(取材・文:本田千尋【ドルトムント】)

text by 本田千尋