美肌とスタミナチャージするなら赤坂へ、シンガポールで人気の「肉骨茶(バクテー)」専門店

写真拡大 (全3枚)

韓国のサムゲタンや、中国の火鍋など、漢方の効いた温かい料理を無性に食べたくなるときがあります。滋養と美容に良く、体に染みわたるように癒されてお腹も満足。そんなアジア料理に、注目のニューフェイスが登場しました。
シンガポールで人気のローカルフード
それは、東京・赤坂にオープンした「新加坡肉骨茶(シンガポールバクテー)」で食べられる、シンガポールの地元料理「肉骨茶(バクテー)」。

「肉骨茶(バクテー)」とは、骨付き豚肉をスパイスと漢方で煮込んだ、滋養とコラーゲンがたっぷり補給できる料理。元々、シンガポールやマレーシアで働く中国の肉体労働者のあいだで食べられたのがはじまりなのだとか。
マレーシアのバクテーは中国醤油が効いた黒色スープなのに対し、シンガポールのバクテーは白胡椒を効かせた透明に近いスープという差があり、「黒バク派」「白バク派」と好みの対決が行われるという話も聞いたことがあるので、日本でいうラーメンのように地元で愛されている料理なんだということがよくわかります。
化学調味料は使わないオリジナルスープ
「新加坡肉骨茶」では、シンガポールのバクテーをベースに、独自のスープを研究し、試行錯誤の末にオリジナルバクテーを完成させました。厳選した黒胡椒、白胡椒、にんにく、そして経皮・西洋当帰・八角をはじめ10種をこえる漢方を季節に合わせて調合し、豚肉の旨味が引き出されたコラーゲンたっぷりのスープが特徴。

一般的なバクテーの多くに入っている化学調味料は一切使用せず、深い旨味を実現。ひとくち目でパンチある味に驚き、スッキリとした後味が後をひく。新しいのにどこか落ち着くなつかしさもある、不思議な感覚が味わえるのだとか。
忙しくて疲れがたまってるなと感じるとき、手軽にパワーチャージしに食べに行きたい料理です。

[新加坡肉骨茶]住所 東京都港区赤坂5-4-14時間 11:00〜21:00 ※土日は18:00まで