<米南部ニューオーリンズの伝統料理であるクレオール料理。その世界初の書物をいまから約130年前に書いた人物がいる。ラフカディオ・ハーン、のちの小泉八雲だ。ハーンにとって唯一の料理書ともなったこの貴重な本はいかにして生まれたのか>

アメリカ南部ルイジアナ州にあるニューオーリンズは、全米屈指の観光都市だ。ジャズ発祥の地であり、リオデジャネイロと並び称されるカーニバルの街でもある。

この街はもともとフランス人によって建設され、スペイン領になったり、フランスに返還されたりしたのちに、アメリカ合衆国の都市となった。

そんな歴史的背景から生まれたのが、他のアメリカの都市とは違う、異国の香りただようクレオール文化だ(「クレオール」とは、フランス・スペイン系の人々とアフリカから来た奴隷や先住民などとの混血を指す)。そしてこの街を語る上で欠かせないのが、クレオール料理である。

ニューオーリンズの伝統料理であるクレオール料理は、フランスとスペインの美食に、アメリカ、メキシコ、西インド諸島(カリブ海の島々)の味が加わり、さらにイタリア料理の影響も受けていると言われる。パエリヤのような「ジャンバラヤ」、とろみのあるスープをごはんにかけた「ゴンボ(ガンボ)」などは、日本でも食べたことのある人が多いのではないだろうか。

クレオールの食文化だけでなく、当時の暮らしも垣間見られる

そんなクレオール料理を紹介する1冊の本がある。いまから約130年前の1885年、『クレオール料理(La Cuisine Créole)』というタイトルのその本はアメリカで出版された。

著者は小泉八雲。新聞記者であり随筆家であり、小説家であり民俗学者。妻から聞いた日本の伝説や幽霊譚をもとに創作した文学短編集『怪談(Kwaidan)』など、日本に関する著作で国内外に広く知られる作家だ。

むろん当時はまだ日本に帰化していなかったので、著者名としてはラフカディオ・ハーンだが、ハーンが料理書を遺していたことはあまり知られていない。

ギリシャで生まれ、アイルランドで育ったハーンは、19歳で単身アメリカに渡った。苦労の末に新聞記者となり、27歳のときにニューオーリンズに移り住む。いくつもの文化が混ざり合った独特の風土や習慣をもつこの街に、彼は強く魅了された。

『クレオール料理』は、クレオール料理を紹介する世界初の書物であり、ラフカディオ・ハーンこと小泉八雲にとっては生涯唯一の料理書だ。クレオールの食文化を知るだけでなく、19世紀後半のニューオーリンズの人々がどのような生活を送っていたかも垣間見られ、興味深い史料として読むこともできる。

この本はまた、2017年のいま、おそらく日本で唯一のクレオール料理に関する本だ。『クレオール料理』の抄訳に、ハーンが同じころに出版したクレオールのことわざ集『ゴンボ・ゼブ』から料理に関係あることわざ、さらには当時執筆していた新聞のコラム、本人の手によるカット(版画)を抜粋して加え、1998年に『ラフカディオ・ハーンの料理読本』として出版。このたび、『復刻版 ラフカディオ・ハーンのクレオール料理読本』(河島弘美監修、鈴木あかね訳、CCCメディアハウス)が刊行された。

本書で紹介されている料理やレシピは、ハーンが友人たちの家庭でひとつひとつ教えてもらったものだという。つまり、一般家庭の味がそのまま紹介されているのだ。それと同時に、当時の家庭の台所と、そこで調理する女性たちの様子がうかがえる記述が随所に見られる。

ニューズウィーク日本版ウェブ編集部